FC2ブログ
Loading…
 

ブラックニッカ ブレンダーズスピリット

Posted by kazunhana on 14.2017 お酒 0 comments 0 trackback

ニッカウイスキーのブラックニッカブレンダーズスピリット。
数量限定とあったので、買いました。
ブラックニッカ誕生60周年を記念して、60年の誇りをブレンドに込めてということらしいです。
1956年蒸溜の余市モルトをベースに異なる年数のモルトにカフェグレーンがブレンドされています。
チョコレートのような甘い香りに心地よいピートの熏香とあります。
ウイスキーの奥深さを堪能できる作品といえるものです。香りをかぐだけでも楽しいです。

天王山

Posted by kazunhana on 30.2016 お酒 0 comments 0 trackback

伏見の山本本家の天王山をいただきます。2016年、平凡な日々でしたが、これが一番ですね。

台風マンゴービール

Posted by kazunhana on 05.2016 お酒 0 comments 0 trackback

台湾のマンゴービールです。
チキチキがこれを買うのだと力んでいました。
最初、台北のセブンイレブンで探したのですけど、見つからなかったのです。
でも、僕が酎ハイの類と間違えてたようです。
ほかの店で、チキチキに、これやん。あるやん。と怒られました。
他にもパイナップルやほかのフルーツ味もあります。

飲んでみると、マンゴー風味で、さっぱりとしています。

ザ・グレンリベット

Posted by kazunhana on 28.2016 お酒 0 comments 0 trackback

ザ・グレンリベット。ついに買いました。スコットランドのハイランド地方にあるスペイサイド、ここは蒸溜所が集中しているところです。
このグレンリベットは政府公認の第1号蒸溜所。トロピカルフルーツや花の香りがグラスに拡がります。おいしい。
これはストレートに限ります。シングルモルトの代名詞ともかく言えるウィスキーです。

ハイネケンビール

Posted by kazunhana on 23.2016 お酒 0 comments 0 trackback

ハイネケンのビールです。綺麗な瓶です。新緑が目に染みる季節となりました。竹の子が家の近くに侵食しだしています。竹は目隠しとカーテンの役割をしてくれるので、多少を維持しながら、折っていきます。連休にするか。

3階の窓に枝が迫ってます。涼しい感じなので、このままにしておきます。ても、窓を開けていると、雨がつたってくるかな。

サントリーオールド

Posted by kazunhana on 17.2015 お酒 0 comments 0 trackback


サントリーオールド。
開高健の人間らしくやりたいな、のメッセージ。小林亜星のCMソング、ウィスキーの飲めない子どもの頃でしたが、心に残っています。
1950 年に生まれたオールド。
ようやく、味も意味もわかるようになりました。

オールド・パー

Posted by kazunhana on 06.2015 お酒 0 comments 0 trackback

イギリスを訪問した岩倉具視が持ち帰り、明治天皇に献上したことで有名なオールド・パー。 シングルモルトではなく、ブレンデッドです。 癖がなく飲みやすいです。 スペイサイドのクラガン蒸留所がキーモルト。ボトルがユニークで見ているだけで楽しいです。

ミツボシビール

Posted by kazunhana on 31.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ペールエールです。犬山市で製造されています。原料は全てイギリス産とあります。切れがあり、飲みやすいです。
他にもラガー、ピルスナーがあり、どれも原料はウィーン、チェコ産を使用しています。

カイザードーム ダークラガー

Posted by kazunhana on 31.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ドイツビール、カイザードームのダークラガーです。
黒ビールなんですが、これはあっさりと飲みやすい。ぐびぐびいけます。

パウラナー ビール

Posted by kazunhana on 31.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ドイツビール、やっぱり飲みやすくおいしいです。さっぱりしてます。
パウラナーは1634年に建てられた修道院のビール。
ミュンヘンにあり、ここのビールは、かつて断食中に飲まれた液体のパンと呼ばれたようです。


サントリー梅酒

Posted by kazunhana on 31.2015 お酒 0 comments 0 trackback

サントリーの梅酒、山崎蒸溜所蔵焙煎樽熟成梅酒です。
僕のなかでは、今までの梅酒で一番かもしれません。
ウイスキーの古樽の内面を焙煎し、梅酒を熟成させた後、梅酒樽で後熟したウイスキーで仕上げたとあります。
芳ばしい、重厚というところです。
隠し味としてグレーンウイスキーが使われています。
ストレートが良いと思います。ロックも良いです。

BOWMORE

Posted by kazunhana on 06.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ボウモア12年、シングルモルトです。
蒸留所は密造時代の1779年。
アイラ島の厳しい海岸にあります。
アイラモルトはスモーキー、ヨードの香りが特徴と言われています。
仕込み水は、ピートが溶け込んだラーガン川の水。潮の香りも加わり、アイラの女王と呼ばれています。
ダークチョコレートを思わせるコクと言われています。楽しみです。

GLEN GRANT

Posted by kazunhana on 06.2015 お酒 0 comments 0 trackback

グレングラント10年もの。
蒸留所は1840年と古い。
このシングルモルト、なぜかイタリアで大人気のらしいです。イタリア料理に合うのでしょうか。
ピート色の強い川の水を使用しています。
販売量が世界代五位と言われています。

BELHAVEN SCOTTISH ALE

Posted by kazunhana on 08.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ベルヘブン醸造所のエールです。
読書をしながら、チビリチビリが良いです。エールはぬるめがちょうどなので、読書タイムに向いています。

BELHAVEN BLACK

Posted by kazunhana on 05.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ビルヘイブン・ブラックです。
スコテッシュスタウト、苦味の強いビールです。
スコットランドに想いを馳せて、いだきます。

初号スーパーニッカ復刻版

Posted by kazunhana on 25.2015 お酒 0 comments 0 trackback

数量限定の初号スーパーニッカ復刻版です。最愛の妻、リタへの哀悼の想いを込めた渾身の一滴とあります。
モルトの甘い香りとピートの力強さ。
最上のブレンドです。

初号ハイニッカ復刻版

Posted by kazunhana on 25.2015 お酒 0 comments 0 trackback

数量限定の初号ハイニッカ復刻版です。
当時の香味を再現とあります。
1964年に500円で発売されました。
マッサンの夢を味わいます。

ブラックニッカスペシャル

Posted by kazunhana on 06.2015 お酒 0 comments 0 trackback

髭のブラック。
キング・オブ・ブレンダーズ。
子どもの頃から、CMやら雑誌の広告でよく見たものです。1965年に発売されました。

スーパーニッカ

Posted by kazunhana on 06.2015 お酒 0 comments 0 trackback

1962年に世にでたスーパーニッカ。
ガラス工芸作家によるボトル。
熟成に時間のかかるウイスキー、自分の娘に花嫁衣装を着せるが如く、そのボトルにこだわったようです。当時、年間1000本しかできない、本物の最上ブレンドでした。

ブラックニッカリッチブレンド

Posted by kazunhana on 06.2015 お酒 0 comments 0 trackback

シェリー酒の樽で熟成されたモルトとグレーンのブレンド。
これって四リットルのペットボトルが売られているとか。ハイボールで飲むと、あっという間になくなるし、需要はあるのでしょう。

BELHAVEN ST.ANDREWS ALE

Posted by kazunhana on 20.2015 お酒 0 comments 0 trackback

スコットランドのベルヘブン醸造所のペールエールです。
セントアンドリュースはゴルフ発祥の地で有名で、全英オープンゴルフが開かれたりします。そこのクラブハウスでも販売されているようです。おいしいエールです。

BLACK WYCH

Posted by kazunhana on 18.2015 お酒 0 comments 0 trackback

不気味なラベルです。
イギリスのウィッチウッド醸造所のダークスタウトビールです。香ばしい風味ですが、カラメル色素で色がついています。

ブラックニッカクリア

Posted by kazunhana on 12.2015 お酒 0 comments 0 trackback

ニッカウイスキーのブラックニッカクリアです。マッサンがこだわったスモーキーフレイバーではなく、ノンビートモルトで作られています。薫りもないのですが、これがハイボールで飲むとスッキリクリアです。

初号ブラックニッカ復刻版

Posted by kazunhana on 28.2015 お酒 0 comments 0 trackback

マッサンもいよいよ終わりになりました。やまので初号ブラックニッカ復刻版、しかも数量限定とありましたので、買いました。
1956年の特級を再現とあります。当時の味に想いを馳せて味わいます。ここはストレートでチビりチビりと。

キリン富士山麓

Posted by kazunhana on 31.2015 お酒 0 comments 0 trackback

2005年に発売された富士山麓です。
キリン富士御殿場蒸留所が30年以上積み重ねてきた一つの集大成。
富士の麓のこの蒸留所は、1973年に初仕込みされました。ここでもブレンダーが活躍します。ほんとに飲みやすく、ハイボールで飲んでいます。

宮城峡

Posted by kazunhana on 20.2014 お酒 0 comments 0 trackback

ニッカウィスキーの二つ目の蒸留所、宮城峡のウィスキーです。
余市の力強さに対して、まろやかという逸品。
シングルモルト、これにこだわりたいです。

サントリーウィスキー角瓶 プレミアム

Posted by kazunhana on 20.2014 お酒 0 comments 0 trackback

白札と一緒に買ってしまいました。
白札はあまり売れなかったのですが、1937年にはこの角瓶を発売します。ブレンド技術の向上もあり、現在も続くロングセラー、日本で最も売れているウィスキーとなりました。
現在は山崎蒸留所と白州蒸留所の原酒をブレンドしているようです。

サントリーウィスキー白札 復刻版

Posted by kazunhana on 20.2014 お酒 0 comments 0 trackback

赤玉ポートワインを当てた壽屋、サントリーが1929年に発売した日本初の国産ウィスキーの復刻版です。
マッサンが工場長として1924年、山崎蒸留所を造り、熟成を始めたものです。

早く商品として売上げがほしいところですが、熟成期間の5年を耐えたようです。

最初は、ウィスキー独特の風味が日本人にはだめだったようです。

ピートを焚きすぎて、燻香が強すぎ、やっぱり熟成がたらなかったようです。





当時のポスター、有名なコピーだったようです。

竹鶴

Posted by kazunhana on 04.2014 お酒 0 comments 0 trackback

朝の連続テレビ小説、大昔、おはなはん以来、まともには視たことありません。でも、花とアンにははまりました。ストーリーが良かったし、脚本も楽しかった。その流れもあって、マッサンも視ています。
でも、ニッカウヰスキーの創業者の話しということで、とても楽しみです。
それで、つい見かけたニッカウヰスキーピュアモルト、竹鶴を買ってしまいました。
甘くバニラのような熟成香、素晴らしい。
ハイボールも良いのですが、ストレートでチビリチビリが最高です。

これはウイスキーボトルに付いていた広告用のラベルです。これは効果があります、僕もこれにつられました。
テレビではエリーさんですが、実際はリタさんだったとは。

AMIGOS

Posted by kazunhana on 03.2014 お酒 0 comments 0 trackback
イギリスのビール、アミーゴスです。
ライムジュース入りです。甘くてジュースという感じです。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
196位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム