FC2ブログ
Loading…
 

明石城

Posted by kazunhana on 08.2018 0 comments 0 trackback
台風21号の停電も復旧し、チキチキがケチケチ切符、もとい、18切符の期限が来るので、明石城を見に行くと言います。

明石駅のホームから、この風景は見えるので、よく見てました。実際、公園内に入るのは、25年ほど前に、公園内にある野球場に、職場の野球チームの大会に来て以来です。

しかし、雨です。それと、台風の大風で、木々がまだ、片付けられていないです。

この城の城主は、うーん、覚えられない。

城から駅を見ると、高層マンションが見えます。あそこからだと、城も明石大橋も見えます。駅直結で人気はあるのでしょうね。

櫓が二つあって、交代で内部を見学できるということですが、台風でやってません。チキチキはまた来ると言います。
この櫓は、伏見城の移築らしいです。

駿府城

Posted by kazunhana on 18.2018 0 comments 0 trackback

お腹が一杯になったところで、駿府城にやって来ます。まず、目に入るのは静岡県庁です。左が県庁本館、右の高いのが、県警本部乗り継いでようです。京都と違って、高層で眺めが良さそうです。

巽櫓が見えます。天守閣は江戸初期に早々と焼けて、再建はされていないようです。江戸城と同じです。

弥次喜多の像があります。ここに東海道が通っていたからでしょうか。

巽櫓の中は、展示室になっています。ジオラマがあります。白く光っているところが、天守台です。

こちらが、七層あった天守閣の模型です。実存したのは焼けるまでの27年間とか。昔は、直ぐに火事で焼けるか、地震で崩れるかしたようです。

当時の町の地図を熱心に見るチキチキ。

静岡の本山茶を献上したお茶壺道中です。
うーん、京都の人間としては、宇治茶が本家と思っているので、複雑です。
すぐ近くで、採れるならそうだとは思いますが、宇治からのお茶壺道中は将軍家への献上として、大名行列並の扱いだったとか。

庭園があります。

県警本部がよく見えます。ここの21階に展望ルームがあるとあったので、真っ先に行ったのですが、第三土曜日のみ、メンテで閉鎖していると貼り紙がありました。今日はついでにないです。せっかく来たのに、展望できないとは、はぁー残念。もう二度と来ることは、いや、登呂遺跡のついでにいつかは。

北門です。

おおっ、家康公の像です。テレビではよく見ます。



今、天守台の発掘調査をしているようです。もともと、今川氏のお城があったところで、家康も幼少期は、ここでひとじち生活を送っていたようです。
しかし、明治になって、天守台を潰してしまったようですが、残念です。今のように文化財になるとかの発想はなかったのでしょう。

なんと、富士山が見えます。ガイドさんに聞くと、夏場は見えないとか、久々に見えたそうです。良いこともありました。

もうひとつ、建物があって、坤櫓です。なんと、地震でなくなっていたのを、5年前に再建したようです。設計図も残っていて、忠実に再現したようです。釘も使われていません。

ということで、駿府城だけで3時間ぐらいかかりました。あとは駅でみやげを買うだけです。駅弁と。

姫路城ライトアップ

Posted by kazunhana on 31.2018 0 comments 0 trackback

昨年の夏に姫路城には来たのですか、津山からの帰りに夕食がてら姫路城までやって来ます。でも、城内には時間もないので、入りません。

スマホカメラでは限界でしょうか。



お堀の桜も綺麗です。

ところで、僕のブログ記事も1500を超えました。2010年からですから、9年目に突入です。

津山城のさくら

Posted by kazunhana on 31.2018 0 comments 0 trackback

またまた、青春ケチケチ、もとい、18切符で姫路、播磨新宮、作用と乗り継いで、津山を目指します。姫路より先は車両も1、2両で、しかも、じじーず、ばぁ、もとい、おばちゃんずも、ケチケチ、もとい、18切符で移動していて、ぎゅうぎゅうです。みんな津山城の桜を目指しているようです。

という訳で、津山駅に着きました。

駅前にB'zの看板があります。B'zファンのチキチキが、稲葉浩志は津山出身で実家は化粧品店で有名と言います。そう言えば、その話聞いたことがあります。

少し歩くと津山城が見えます。
思い出したのですが、中1の夏休みに両親と湯原温泉に泊まって、津山城に来たことがありました。その頃は、今みたいな観光地ではなかったように思います。

登り口に来ました。

観光センターがあります。賑わっています。

昼時なので、何を食べるかですが、今みたいな津山名物を調べてませんでしたが、車中でホルモンうどんと言っている人がいました。スマホでググるとほんとでした。

で、観光案内センターの建物に櫓というお店があると、チキチキが下調べをしていたようです。いい味を出しています。

入場料は300円です。この時期、500円取ったらと思いますが。この城は、あの森欄丸の弟が造ったとチキチキ解説が入ります。

天守閣や本丸はないのですが、石垣は迫力があります。桜が映えます。

櫓が桜の中に見えます。

天気も良く、綺麗です。

チキチキがイナバ化粧品店の行灯を見つけます。稲葉浩志のお母さんが寄付されているのでしょう。実家も名所になっているようです。(チキチキ談)

写真には少ししか写っていませんが、そこらじゅうで、花見客が弁当や焼肉で浮かれています。

いよいよ最上部に近づいて来ました。綺麗です。



最上部に着きました。本丸のあった場所です。人で一杯です。

上からだと桜の多さが分かります。





ここに天守閣がありました。

天守閣からは西の山に沈む夕日がきれいでしょうね。



北側もいい眺めです。ところで、この範囲だけでも高校が4校あります。岡山のこの地にあって、江戸時代から学問の地として熱心で、この辺りでは中核都市だからでしょうか。

城下町の町並みも残っていますが、帰りの時間もあり、断念します。また、鉄道博物館もありますが、断念です。桜を見すぎました。




姫路城

Posted by kazunhana on 22.2017 0 comments 0 trackback

姫路駅から北に向かうと、姫路城天守閣が見えてきます。チキチキは3回目の訪問らしいですが、僕はなかには入るのは初めてです。

平成の大修理で、白が甦りました。世界遺産でもあるので、外国人だらけです。



007は二度死ぬで、姫路城がロケ地になってましたが、どの辺りでしょうか。


入城料は千円です。維持するにはお金は必要です。

気温も上がってしんどいですが、頑張って天守閣を目指します。







天守閣の入口まで来ました。ポンド、外国人だらけです。

階段の角度は中々ですね。

現存天守閣では、1番大きいだけあって、中は広いです。

最上階の6階は、ぎゅうぎゅうです。

姫路駅の方角を望みます。

ようやく、降りてきました。気温が上がって、汗だくです。でも、天守閣、ビューティーホー。



次に、西の丸、百間廊下に行きます。
千姫の物語で有名です。

廊下が続きます。

柱の間には小部屋があって、女
中やら何やらがいたとチキチキ解説です。

廊下が続きます。
こんな感じで、千姫がいたのでしょうか。

それでは、姫路城の西御屋敷跡庭園の好古園に移動します。

龍野城

Posted by kazunhana on 22.2017 0 comments 0 trackback

龍野城にやって来ます。
静かです。誰もいません。








もともと、この裏山の山頂に山城だったのが、江戸時代に御殿式となったようです。
城としては小さいですが、城主、脇坂氏は、老中も務めた名門ということでしょうか。

チキチキが兜を被せてもらいます。戦国ファン、城ファン、甲冑ファンのチキチキとしては、いい経験です。僕は恥ずかしいので、辞退します。よくあるプラスチックではなく、鉄でできているので、重いようです。



戦国武将の気分です。




播磨の小京都、たつの市へ

Posted by kazunhana on 22.2017 0 comments 0 trackback

土曜の朝、チキチキが18きっぷで、龍野城と姫路城を見に行くと言います。朝、6時起きです。姫路で姫新線に乗り換えて本竜野駅で降ります。駅前はのどかな感じです。

駅では、大久野島ハイキング客で賑わいます。

観光案内所で情報収集です。

ここは城まで歩くと、20分とかなので、駅前でレンタサイクルにします。

揖保の糸で有名な揖保川を越えます。レンタサイクルで正解です。

名古屋城

Posted by kazunhana on 02.2011 2 comments 0 trackback
CIMG3036.jpg
9月2日、台風ですが、まだ名古屋では雨は大丈夫です。
地下鉄で市役所前まで行きます。
そうすると、名古屋市役所と愛知県庁が目に入ります。
いつだったか、初めて、この二つの庁舎というか、建築物にショックを受けました。
なんという趣味なんでしょうという感じですが、みなさんいかがでしょう。県庁の上には、天守閣らしき屋根が乗っていますが、和洋折衷なのでしょうか。
うなりながら、名古屋城に向かいます。
CIMG3038.jpg
名古屋城は外から見たことはありますが、中に入るのは初めてです。
さすがに大きなお堀です。手入れがされていないのか、植物で覆われています。
CIMG3044.jpg
加藤清正の像です。
お城造りの名手として知られていますが、多くの大名が徳川家に駆り出されます。
CIMG3046.jpg
東南隅櫓ですが、清洲城の遺構とか。たしか、昨日の清洲城で読んだような。
CIMG3049.jpg
CIMG3054.jpg
これは清正石と呼ばれていますが、ここの持ち場は清正公ではなかったので、伝説ではなかと説明板に書かれています。
CIMG3050.jpg
本丸御殿が再建されようとしています。
協力している名古屋市民に感動です。
京都にも二条城の天守閣再建という話もありますが、世界遺産のため、当時の姿がはっきりとしない、推測での建物は駄目だとか。(京都市談)
CIMG3051.jpg
せっせと工事中です。
希望をすれば、ヘルメットを被って中を見学できるようです。
CIMG3063.jpg
本丸が建設されるところがわかる上空写真です。
かなり大きなものであるようです。
CIMG3055.jpg
CIMG3066.jpg
近づくとかなりの迫力があります。
さすがに徳川御三家です。
CIMG3067.jpg
CIMG3070.jpg
最上階から名古屋駅を眺めます。
CIMG3060.jpg
有名な金のシャチホコです。
CIMG3076.jpg
最上階には金ぴかのおみやげがたくさんあります。
城の中には、いろんな展示品や、江戸の町並みを再現したり楽しめるようになっています。
CIMG3057.jpg
見終わった頃、雨が降り出します。
次はリニア・鉄道館に向かいます。

清洲城

Posted by kazunhana on 01.2011 0 comments 0 trackback
CIMG2922.jpg
名古屋から二駅ほど戻り、清洲駅で降りて、15分ほど歩くと、織田信長で有名な清洲城につきます。
CIMG2926.jpg
今の清洲城は、平成元年に再建されたもです。
江戸時代早々に廃城になっていたようです。
CIMG2928.jpg
CIMG2930.jpg
綺麗にされています。
奥の広場には、大河ドラマの江の衣装等々を展示したドラマ館が期間限定でオープンしています。
CIMG2938.jpg
CIMG2936.jpg
城の中は、4階建てで、いろんなものが展示してあります。
火縄銃をチキチキがいじっています。本物なら危ないものです。そう言えば、グアムで本物の銃を撃ったことがあると言ってたような。
CIMG2942.jpg
天守閣からは名古屋方面が見えます。
高層ビルのおかげで、名古屋駅の方向がよくわかるようになり、便利です。
CIMG2950.jpg
城の前で座り、戦国武将気取りです。
CIMG2951.jpg
別の建物に行くと、甲冑を作る工房がありましたので、少し見学をさせていただきました。
1体、5万円ぐらいの材料代とのことですが、部分によっては何ヶ月とか、2年くらいかかるものもあるとか。
手のかかる作業をされていますが、楽しそうです。
CIMG2952.jpg
塗料を乾かしています。ここでは、金属をたたいて形づくりをされていて本格的です。

中世ヨーロッパを作ろう(1号/98号)

Posted by kazunhana on 27.2011 0 comments 0 trackback
CIMG1850.jpg
ハーレー、C62と昨年来、作ってきました。
それで、クローゼットに押し込んであった中世ヨーロッパを作ろうを出してきます。
社宅時代には置き場所に困ったものです。
では、なぜ買ったかというと、なぜか、作りたくなるんですよね。
全部で98号あります。
CIMG1851.jpg
創刊号ですが、ほこりだらけです。
何年もそのままです。創刊は2003年ですから、8年ほど保管していました。
CIMG1853.jpg
紙型をベースにレンガブロックを積み上げていくようです。
紙ヤスリが付いています。レンガを削ることも多いのでしょうか。
まだ、作業が続きます。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
790位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム