FC2ブログ
Loading…
 

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)

Posted by kazunhana on 18.2017 歴史 0 comments 0 trackback

チキチキが呉にある大和ミュージアムに行くと言います。しかも、青春ケチケチ、もとい、18切符で行くことに。朝、桃山駅5時半発です。姫路で乗り換え、岡山で乗り換え、海田市で乗り換え、で、途中、そら来た乗り込め、で間違えて、着いたのは午後2時過ぎでした。お昼は車内でした。ほんとは海軍カレーだったところです。

夏休みですが、平日なので、混んでいないようです。

出ました。
これが見たかった10分1、戦艦大和です。

迫力です。

ミュージアムでは、呉の歴史、戦争の歴史展示がありますが、撮影はだめです。







零戦も展示されています。

特殊潜航挺『海龍』もあります。特攻に使われました。回天も展示されてますが、こちらはかなり大きいです。

18切符で帰らなくてはいけないので、時間がありません。

うすくち龍野醤油資料館

Posted by kazunhana on 22.2017 歴史 0 comments 0 trackback

続いて、うすくち龍野醤油資料館にやって来ます。
龍野醤油は天正年間に始まったようです。
建物は国有形文化財となっています。






醤油試験室。ビーカーなどが造型美を醸し出しています。





麹室。醤油麹を作るところです。





名物、醤油まんじゅう。醤油の味が皮に染み込んでいます。

三木露風生家

Posted by kazunhana on 22.2017 歴史 0 comments 0 trackback

三木露風の生家も訪問します。
詩人ですが、夕焼け小焼けの赤とんぼで、お馴染みです。



国立故宮博物院

Posted by kazunhana on 31.2016 歴史 0 comments 0 trackback

ホテルに荷物を置いて、午後から台北市の北エリアにある故宮博物院に行きます。
まず、地下鉄MRTを利用します。
トークンとも言われるコインを入手します。日本の磁気切符と同じです。
市内であれば、20元、およそ65円ほどか。安い。
これを改札機にタッチして入り、出るときはコイン入れに入れると、ゲートが開きます。

地下鉄も安全に、表示もサインで分かりやすくなっています。
日本よりよっぽど、よく考えられています。

士林駅で降りて、公共バスで博物院に向かいます。
バス停では、バスの番号はわかりますが、料金が書かれていません。
スマホで調べると、15元、50円弱、安い。
ところで、台湾でもスマホでネットにつながるように、ドコモのoneデイパケホーダイに関空のカウンターで入りました。24時間で980円です。Wi-Fiのないところでも、つながりますので、仕事のメールのやり取りもできるし、Googleマップで迷うことも皆無です。
店や住所を入力すると、Googleマップで表示されます。
10年以上前の海外旅行では経験できなかった便利さです。NICTのVoiceTraという翻訳アプリとともに、海外旅行が恐るべき楽々チンになりました。

ということで、バスに乗り向かいます。Googleナビでどこを走っているのかも分かるのです。

着きました。故宮博物院です。
ただ、残念なのは、代表的な翠玉白菜と肉形石が他所での展示でないのです。見られません。残念。
みんな、白菜、白菜と言いますが、キーホルダーになったり、故宮一押しの逸品です。

庭園もあるのですが、時間がありません。
僕は博物院はさっと見て、淡水まで足を伸ばしたいと思いましたが、チキチキはじっくりと見るということで、淡水は次回にしたいと思います。

世界4大博物館に数えられます。
これらの中国の宝は、蒋介石が紫禁城から持ち出し、日本軍や共産軍との戦乱から守るために、南京を経て、台湾に退避させたものと言われています。
8年ほど前、僕が北京に旅行で行ったとき、ガイドさんが「台湾の人に、紫禁城にあった財宝を返してくださいと言ってくださいよぅ。」と冗談半分に言われたことを思い出します。中国の人はそう思っていると思いますが、一方、退避がなければ爆弾で破壊されたり、盗難にあったかもしれません。今、こうやって見ることができるのもそのお陰とみんな思っているのではないでしょうか。しかし、紫禁城にあった4分の1しか、持ち出すことができなかったようです。

当然ながら、展示品の撮影は不可なので、ないです。
ペットボトルの持ち込みもダメでした。ゲートを通ると、ピーピーとなります。ペットボトルを預けるか捨てるかと迫られます。
預け、預けと言われるので、名前を書いて指定の場所に置いて再度、ゲートをくぐると、またピーピーと。係りの人も笑って行けと言います。体の水分が多いのでしょうか。

今日は水曜日、人も少ないです。
ただ、下勉強なしで来ると、展示品の意味がよく分かりません。ガイドがつくと、ストーりーで流れを説明しながら、回れるようです。
自動音声ガイド機の貸し出しもありますが、面倒なので借りませんでした。大英博物館の時も借りたのですが、うまく作動せず、面倒だった記憶がよみがえります。
結構、歩きました。今夜は士林夜市に行きますので、バスで戻ります。タクシーも安いのですが、ここは不便でもバスにこだわります。

カミキリ虫

Posted by kazunhana on 18.2016 歴史 0 comments 0 trackback

もみじの枝に、カミキリ虫がいます。害虫として知られていますが、うっかり掴むと顎で咬みきられます。

図説世界史を変えた50の食物

Posted by kazunhana on 24.2015 歴史 0 comments 0 trackback

久々に一乗寺の恵文社にきました。
店も大きくなっており、外国人も訪れています。
本はやっぱりユニークなものがあって、今回も次の書籍を買いました。

なんと美しい本でしょうか。
恵文社で手にした時、魅了されました。
これはシリーズ本のようですが、これは食物、しかも世界史に影響を与えたものをオールカラーで紹介されています。
最初にケナガマンモスが登場します。太古の昔、マンモス狩りで、肉を燻製にして食したようです。はじめ人間ギャートルズのままです。
次が、パン。約3万年前から食されています。次が太平洋サケ、そしてラム肉、牛肉、ナツメヤシ、ビールと続きます。ビールは紀元前2000年から、メソポタミヤあたりで飲まれてきました。
麺もそのころ、中国で食せられたようです。
スパイスは、8世紀ごろ、東インドでオランダ、イギリスが取引をして、歴史に大きな影響がありました。
砂糖はなんと、17世紀以降のことです。
最後のほうにはスターバックスのコーヒーも出てきます。世界中にラテ、マキアートを広めたとあります。
久々に熱くなる本です。
ほかの植物、動物、機械、鉄道、武器も揃えたいと思います。知の図書館シリーズも読みたいです。


大関ヶ原展

Posted by kazunhana on 27.2015 歴史 0 comments 0 trackback

京都文化博物館で大関ヶ原展をやっています。

これは撮影用の甲冑です。

チキチキが兜をかぶってみます。甲冑ファンのチキチキとしては血が騒ぐようです。後ろからだと、ダースベーダーのようです。

京都駅の八条口側にマクドがオープンしました。場所もいいので、お客さんで一杯です。

大谷大学博物館2014年特別展記念講演

Posted by kazunhana on 25.2014 歴史 0 comments 0 trackback

今日は将軍塚の青龍殿に行く予定でしたが、チキチキが大谷大学の講演に行くと言います。
北大路までやって来ました。

講演は静岡大学名誉教授の小和田哲男先生です。
戦国の歴史とかでは有名な方でテレビにもよく出られます。
チカチキは先生の本を相当持っています。今回の講演は、神仏と向き合った戦国武将ですが、これは呪術と占星の戦国史という著書をベースにされているようです。
先生は大河ドラマの時代考証をされていて、原作が史実と違ったりしても原作に従わないといけないようです。功名が辻で一豊が馬を千代のへそくりで買う話も、実際はもっと前の話しと思われるが、司馬遼太郎の原作に合わせるしかなかったようです。また浅井長政が小谷城落城のシーンも城は燃えていなかったのですが、演出嫁がそれでは落城のイメージが伝わらないので、少し火をつけたいということで懇願され、渋々了承すると、実際の放映では結構な炎上シーンにされており、びっくりしたとか、そんなおもしろいネタを披露されました。
黒田官兵衛では、信長が地球儀をもらうシーンで、地球儀にはオーストラリア大陸を描かないように念押しされたとか。当時、オーストラリア大陸はヨーロッパには発見されていなかったからです。またかってに池のシーンで、池の名前をつけて放映すると、地元の観光協会にそれはどこにあるのかと、問い合わせが殺到し、苦情がきたとか。この種のネタを相当お持ちのようで、これを本にするだけで売れそうな気がします。

和倉昭和博物館とおもちゃ館 その1

Posted by kazunhana on 01.2014 歴史 0 comments 0 trackback

和倉温泉にある和倉昭和博物館とおもちゃ館にやって来ます。
懐かしの昭和の暮らしを再現したものとなっております。
ワンダーホー
外観を撮るのを忘れました。
アトムが出迎えてくれます。

ビクターの犬です。


ジュークボックスです。
子供の頃はあちこちに普通にあって、お金を入れて使ったことがありますが、今からすると音はよくなかったと思いますが、迫力があってワクワク感があったと思います。


ダイハツミゼットがあります。
ほぼ60年代に活躍した車です。

こういう車が展示されていると、雰囲気が出てきますね。

長久手古戦場

Posted by kazunhana on 21.2013 歴史 0 comments 0 trackback

トヨタ博物館から見える距離に、この長久手古戦場があります。
信長死後、秀吉と家康・信雄軍との戦場になったところです。

資料館がありますので、入ります。
チキチキは戦国・城マニアなので、こういうところには念を入れます。


写真集 京都府民の暮らし百年

Posted by kazunhana on 05.2012 歴史 0 comments 0 trackback

京都府立総合資料館編集の写真集京都府民の暮らし百年です。
昭和48年発行ですから、そこそこ古いです。

写真は明治25年頃の四条大橋ですが、中洲に小屋を立てて店にしていたようです。大雨だと必ず流されたと思われます。江戸時代もそうだったようです。
明治元年から始まった京都府ですが、その歴史を写真で辿ることができます。京都府民必携の一冊です。巨椋池の漁業風景などものっており、貴重なものです。

御金神社

Posted by kazunhana on 02.2012 歴史 0 comments 0 trackback

仕事の帰り道、少し歩いていると、黄金の鳥居が見えて来ました。
これは御池西洞院上がった所にある御金神社です。若い頃、この近くに住んでいたのですが、通らない通りだったので、印象に残っていません。だからお金がたまらなかったのかもしれません。成金的で怪しげですが、御金を祀っておられます。祭神は金山毘古神で、宝くじ絵馬も奉納されているとか。
ここにお詣りすると、金運が上がりそうです。

大甲冑展in京都

Posted by kazunhana on 13.2011 歴史 0 comments 0 trackback

13日の日曜日です。
大甲冑展があるということをニュースで知って、みやこメッセまでやって来ました。
甲冑ファンのチキチキが燃えています。
0003.jpg
鹿児島にある丸武産業というところが甲冑を制作していてその展示のようです。
丸武産業は、黒澤明の乱、影武者や大河ドラマの草燃ゆる、あたりからほとんどの撮影用甲冑を制作しているようです。
0005.jpg
これは源義経の甲冑ですが、後ろを見ると200万円と札があります。
0006.jpg
真田昌幸です。
0007.jpg
うぉーーーー。これはすごい。
0008謙信
上杉謙信
0017長政
浅井長政
0018朝倉義景
朝倉義景
0019光秀
明智光秀
0020清正
加藤清正
0010信玄
武田信玄
0011信玄
0012勘助
山本勘助
0013宗麟
大友宗麟
0014元就
毛利元就
0030本多忠勝
本多忠勝
0031忠勝
おもしろいですね。
当時も受けねらいだったのでしょう。
0021細川忠興
細川忠興
0022一豊
山内一豊
0023利家
前田利家
0024利家
0025秀吉
豊臣秀吉
0026吉継
大谷吉継
0015信長
織田信長
0016蘭丸
森蘭丸
CIMG3907.jpg
チキチキは張り切って、写真を撮ろうとしてましたが、ここ一番でカメラが壊れたようです。
それで、携帯カメラで撮っています。
0031福島正則
福島正則
0032藤堂高虎
藤堂高虎
0033黒田長政
黒田長政
しかし、本当に笑える、いや、すばらしい立物ばかりですね。
一目でわかるようになのですかね。
横からチキチキが、これは義経の「一ノ谷の合戦」を現していると、にわか解説を始めます。
崖を表現しているのか。
0034真田幸村
真田幸村
0035伊達政宗
伊達政宗
0036直江兼続
直江兼続
0027義弘
島津義弘
0027三成
石田三成
0028家康
徳川家康
0029井伊直政
井伊直政
CIMG3883.jpg
これは、ドラマで出てくる信長が着ている西洋風でしょうか。想像のものでしょう。
CIMG3915.jpg
福島正則の甲冑を試着している人がいます。
30分で3千円とあります。
うらやましいですが、やめておきます。
CIMG3921.jpg
こちらも記念撮影です。
0037上杉景勝
上杉景勝
CIMG3877.jpg
これは、販売用です。
20万円とあります。
和室にほしいです。
CIMG3878.jpg
ここで、着せてもらうようです。
CIMG3879.jpg
戦国グッズも少しですが、売っていました。

ゆるキャラと共にさりぬ平城遷都1300年

Posted by kazunhana on 07.2010 歴史 0 comments 0 trackback
CIMG0114.jpg CIMG0169.jpg
今日は日曜日ですが、仕事で平城宮跡会場まで、やってきました。
チキチキは、休みかというと、なんと、黄檗山萬福寺で仕事だそうです。イベント満開の11月です。
平城遷都1300年祭は年末までですが、この平城宮跡会場は今日が閉幕です。
これは、交流ホールで、ATRのロボビーR3に容赦なく触りまくる子どもです。
ロボビーR3は、道案内など、人間をサポートすることができます。進化が楽しみです。
CIMG0197.jpg CIMG0202.jpg 
ゆるキャラが人気と聞いていましたが、子どもたちは大喜びで飛びつきます。
ピンクのは、URのキャラで、ケロピーです。
手前の黄色は、大阪のいしきりんです。
右の緑のキャラはわかりませんでした。
CIMG0203.jpg CIMG0224.jpg
いまや、せんとくんは、ゆるキャラの代表的存在です。
余裕です。ほかのキャラを従えて、ここではご当地キャラなので、当然ですね。
ちなみに、最前列で写真を撮りましたが、その間、ちびっこに足を踏まれ、悪態をつかれ、散々な目に会いましたが、踏ん張りました。ゆるキャラにやられました。
せんとくんとは、仕事がら、これまでに3回も肩を組んで写真を撮りましたので、思い残すことはありません。
左のくまさんのキャラは、熊本県のくまモンですか。
 CIMG0226.jpg CIMG0227.jpg
この赤フン坊やはなんとも言えませんね。
よくこんなキャラ考えましたね。福井県高浜町とあります。
 CIMG0231.jpg CIMG0235.jpg
緑は、斑鳩町のこだいちゃんですか。
蓮華ちゃんはかわいいですね。
右端は草津温泉観光大使のゆもみちゃんですか。
 CIMG0219.jpg CIMG0232.jpg
右側の柿は、斑鳩町のパゴちゃんでしょうか。
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺ってか。
 CIMG0241.jpg CIMG0209.jpg
 CIMG0207.jpg 
各会場の周辺も、6万人の来場者との発表のとおり、相当な人でした。
お土産もたくさん売れたと思います。
みなさま、お疲れ様でした。100年後にお会いしましょう、は無理か。

平城宮跡へ

Posted by kazunhana on 20.2010 歴史 0 comments 0 trackback
CIMG9822.jpg
また来ました。平城宮跡。
4回目だと思います。
今日は、仕事でお客様のご案内です。
1300年祭の記念祝典も終わり、スタッフはホッとされているのでしょうか。





CIMG9832.jpg
平日はだいたい2万人ぐらいらしいです。土日は4万人とか。
CIMG9830.jpg
これは天皇さんが座られる高御座(たかみくら)ですが、当時の記録がないため、大正天皇が使われたものを再現したとのこと。大極殿自体も、想像で造られている部分も多いとのこと。いろんなものを参考にしながらということでしょう。
CIMG9828.jpg CIMG9829.jpg CIMG9823.jpg CIMG9824.jpg CIMG9827.jpg
これは綺麗なので、写真に撮りました。
5色の色玉が配置されています。菩薩様が手に持たれている宝珠のようです。
説明を聞くと1個、120万円ほどしたよう。
みんなが触る?いや、通常はここまでは近づけません。今日はVIPのお客様をお連れしたので、VIP待遇でした。





CIMG9811.jpg
衛士の交代式を毎日、何回かしているようです。
CIMG9812.jpg
大極殿のある大極殿院の南側から、朱雀門を見たところです。
この辺は、そもそも昭和40年ころまで、田んぼだったようです。
おかげで発掘と保存が容易にできたようですが、戦前まで放置されていたことの方が不思議です。
まるで、物語で語り継がれたトロイの遺跡のようではありませんか。
朝堂院とかの遺跡の一部は地上に出ていて、近鉄線はそこを10mくらいでかすめるように敷かれたようですが。
国営公園として、施設をどんどん復原していってほしいです。文化国の名に恥じないように。
京都市もしっかりしてほしいものです。羅城門とか復原されても良いじゃないですか。
文化予算が少ないと言われるけど、観光予算もまわすとか、市民としては、歴史文化都市って、どんなものなのか不思議です。わが伏見城も、周辺がなんで、スポーツ公園なんですかねぇ。
映画村みたいなものでも良いし、せっかくのロケーションが台無しです。京都市って、歴史文化が嫌いなのでしょうか。この辺でやめときましょう。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
198位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム