FC2ブログ
Loading…
 

甲子園!

Posted by kazunhana on 30.2011 生活 0 comments 0 trackback

今日は、連休2日目、4月も最後となりました。
ちょうど、1年前、今のモモヤマトルの丘の家の下見にやってきたのです。
あれから1年かぁ、と思いつつ、甲子園にやってくることになりました。
チキチキもようやく遠出ができるようになってきました。
ヤクルト戦です。関西ではそんなに人気があるとは思えませんが、今は首位なので盛り上がるのではないでしょうか。
CIMG2163.jpg
前回、甲子園に来たのは、4年ぐらい前です。
そのころは、年1くらいは来ていたのですが。
甲子園もリニューアルされています。以前のツタが覆っていたのはなくなっています。
きれいな感じになっています。
CIMG2170.jpg CIMG2171.jpg
2時の試合開始まで、時間があるので、弁当を買います。
チキチキは、新井のキャラクター弁当を買いましたが、僕は、どの選手の弁当と言うより、ボリュームで選んだら、男、桜井 豪快弁当となりました。
CIMG2174.jpg
球場内で、ジャンボ焼き鳥を売っていたので、美味しそうで買いました。
CIMG2177.jpg
1本、350円ですが、やわらかくて美味しいです。
CIMG2176.jpg
写真を撮るのを忘れたのですが、何人ものお姉ちゃんが、背中にタンクを背負ってビールを売っていますので、買いましたが、本当は、甲子園ハイボールを飲みたかったんですが、弁当のときには、誰が売っているのか分かりませんでした。
CIMG2188.jpg
GW、ほぼ満員です。
CIMG2192.jpg
試合は、1回裏に城島のタイムリーで4点入って勝パターンだったので、気楽に観戦できました。
CIMG2193.jpg
CIMG2196.jpg
放送席のある方を見ると、吉田義男とか、亀山とかが見えます。
CIMG2204.jpg
CIMG2206.jpg
7回の恒例の風船飛ばしです。
今回は、風船を買いませんでした。なんかもったいないというと、ファンに叱られるんでしょうけど。
チキチキは、いつも風船を膨らますことができません。肺活量が小さいのか、要領が悪いのか、わかりません。
CIMG2211.jpg
風船って、7回表から膨らますのですが、膨らませすぎる人も多くて、パンパンとそこらじゅうで割れてしまいます。7回表が長いと、2アウトから四球でも出そうもんなら、野次が飛びます。
CIMG2235.jpg
CIMG2251.jpg
ところで、レフトスタンド席で、ZETTの看板の下あたりに、白い集団が1区画見えますが、これがヤクルト応援団です。こんだけです。
ここだけの話ですが、20年ほど前、何故か、ヤクルトファンの奴がいて、あのあたりで観戦したことがあります。また、何故か、巨人ファンの奴らと、このあたりで観戦したこともあります。
今なら、絶対に断るんですが。
大体、なんで、関西人で、関東のチームを応援するのか、全く持って僕には理解できません。東京出身の人なら、しょうがないですけど。
CIMG2256.jpg
ヒーローインタビューは打の城島と、投のメッセンジャーです。
1塁側を向いてやりますので、3塁側は後ろしか見えません。
CIMG2258.jpg
パノラマで撮るとこんな感じです。

今日の本【昭和ちびっこ広告手帳2】

Posted by kazunhana on 29.2011 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



(内容のイメージはここクリック

これは、手帳の続編です。
表紙は、小川ローザの「オッー モォーレツ」です。
仮面ライダースナックです。
これにライダーカードがオマケで入っているのですが、どの怪人キャラクターが入っているか分からないので、買い集めて、食べずに捨てるということが全国で、問題になりました。
僕は、乗り遅れたので、カードは集めませんでしたが、ハマったやつは、写真アルバムのように持ち歩いて、交換したり、自慢したりしていましたね。
良く遊んだパーフェクトボーリングです。
中山律子さんのコマーシャルで有名でしたが、本当に良くできたゲームでした。実にリアルです。
ゴーゴーですね。
ソックタッチです。中学に入ったころ、何故か流行っていて、僕も買いました。で、足に塗って靴下がズらないようにするのですが、フニャフニェに伸びた靴下にはきいたかもしれません。
これはおそらく、小五のころ、買ってもらった自転車だと思います。
なんという、電飾でしょうか。
ウィンカー、ストップライト、ホーンなどが、単一電池6本ぐらいで、光らせていたと思います。しかも五段変速に加えて、ディスクブレーキです。これを買ってもらうとき、カタログを抱きしめて1週間くらい寝ていました。届く日が待ち遠しくて、それはそれは。
でも、実際はウィンカーなんて、使わなかったのです。
中学に入るころには、恥ずかしくて外してしまいました。そういえば、買ったときに、自転車屋のおじさんが、こう電飾とかは、中学生になると恥ずかしくなって取り外すんだよね、って。自分もそのとおりとなるとは・・・予想どおりです。ごそっと取り外しました。フレームが中身がなくて、スカスカなので、フレームも取って、おいおい、ハンドルと車輪だけになったやないか、トホホ。
その反動か、高校のときには、シンプルなサイクリング車にしました。でも、10段変速でしたね。
ほんとうに、しょうもないとこにこだわっていました。ほんとうに、ごめんなさい。あほな子どもでした。
今でも、しょうもないものを買っていますね。自分の金だから罪悪感はありませんが。もう治りましぇーん。

今日の本【昭和ちびっこ広告手帳】

Posted by kazunhana on 29.2011 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



(内容のイメージはここクリック)

これは、青幻舎の「昭和ちびっこ広告手帳 東京オリンピックからアポロまで」(2009年発行1,200円)です。
それでは、掲載されているグッズの中から、僕が接してきたものを取り出してみます。
これは、森永キャラメルのオマケで、宇宙少年ソランのポンポンロケットです。
かすかにこれを持っていた記憶があります。すぐにどっかになくしたとは思いますが。
宇宙少年ソラン、再放送がなかったので、ぜひ、DVDを入手したいのですが、結構値がはってきてます。
これは、悟空の大冒険のきんそう棒で、この中に、いろいろな物が入っているのですが、懸賞ものです。
買うことはできませんでした。コマーシャルをやっていて、ほしかったものです。
これは、マブチモーターの発電機です。ハンドルを回すと、自転車のライトのように電気が出ます。
これをモーター式の車とか、ライトを点けて遊ぶのです。速く回すと速く走り、逆に回すとバックします。
これは今でも、実家のどこかにあると思います。
G.Iジョーです。
これは当時、なかなか高くて、結局買わなかったですね。
着せ替え人形のように、潜水服やら、軍服やらを着せて、武器を持たせて、遊ぶんです。

このページの中のゲームは、いくつか持っていました。
エポック社のゲームです。
一番上のサッカーゲームは持っていました。
野球盤もやりました。
なんといっても、スパイレイガン作戦を買いました。かわったゲームですが、なぜ買ったのか。
最後にスロットマシンも買ってもらいました。しょうもないものを欲しがったものです。ごめんなさい。

懐かしい駄菓子

Posted by kazunhana on 29.2011 お菓子 0 comments 0 trackback
CIMG2000.jpg
イズミヤで懐かしい駄菓子が特売コーナーで売られていたので思わず、買いこみました。
これは、煙草のチョコです。
思わず、吹かしてから、チョコをかじってしまいます。
CIMG2002.jpg
これもタバコ型のぶどう糖のお菓子です。
大人の雰囲気を味わったものです。
CIMG2003.jpg
これは、酸っぱいヨーグルトですが、生モノではありません。
病みつきになる味なのですが、たくさん食べても、体に良いのかどうか、分かりません。
CIMG1995.jpg
これも、昔、良く食べました。
今食べても、おいしいです。
CIMG1997.jpg
これも大好きなお菓子です。
パンで、これの大きなのがありますが、何個でも食べれてしまいます。
CIMG1998.jpg
これも、病みつきになるカレーあられです。

これは麩菓子です。

今のお菓子は洗練されているのですが、20世紀少年としては、素朴な昭和のお菓子に魅かれてしまいます。

今日のゼロカロリー

Posted by kazunhana on 29.2011 ドリンク 0 comments 0 trackback
ko-ra1.jpgこれは、コカコーラのsugarZERO freeです。
まさに王道コカコーラというデザインでもあります。
飲んでみると、ほとんど、普通のコーラと変わらないではありませんか。
以前のカロリーオフは、人工的な味も強く、おいしくなかったのですが、これは美味しいです。
ガブガブいきますよ。

まゆまろ!

Posted by kazunhana on 29.2011 飲食 0 comments 0 trackback

これは、神戸屋が販売している蒸しパンですが、なんと、まゆまろです。
思わずファミリーマートで買ってしまいました。
京都府・地域活性化包括連携協定「牛乳蒸しぱん」120円です。
京都丹波おいしい牛乳入りのもっちりとした蒸しぱん、と書かれています。
まゆまろは、国民文化祭・京都2011PR隊長です。
実物は、ぬりかべのように威圧感のある奴です。
秋の国文祭、盛り上がるのでしょうか。

では、さっそく、食べて見ると、もっちり感100%です。
美味しいです。
血糖値が下がって、フラフラのときには、もってこいです。

東華菜館!

Posted by kazunhana on 25.2011 飲食 0 comments 0 trackback

25日、前の仕事仲間を京都に招待ということで、東華菜館を会場にしました。
四条大橋なので、場所もよく、なんといっもヴォーリズの名建築を中から見ようということです。
スパニッシュ・バロックだそうです。
CIMG2127.jpg
ここは、よく通るところにあるのですが、かえって入ろうとはしませんでした。
CIMG2128.jpg
うーん、純北京料理とあります。
ここは大正15年の竣工以来、ずっーーと、レストランのようです。
CIMG2130.jpg
これが、日本最古のエレベーターです。
今日の仲間の一人が、超大手電機メーカーの方で、これはOTIS製のエレべーターと解説してくれます。
1924年、アメリカのOTIS製。日本最古のエレベーターがここで、現役なんです。
上部に半円のものが壁にありますが、これがフロアガイドです。
昔のアメリカ映画に良く出てきそうですね。ヒッチコックとか。
CIMG2139.jpg
ということで、手動で動きますから、勝手には乗れません。
乗ろうとすると、必ずおにんさんが、どこからか、現れて手動で動かします。階の途中で停めることもできるようです。
CIMG2133.jpg
個室をお願いしました。
窓からは、鴨川が見えます。南座も見えます。
5月からは床もでます。ビヤガーデンも屋上にオープンします。
最高のロケーションです。
CIMG2135.jpg
ビールは日本のビールを飲みます。
CIMG2136.jpg
北京料理なので、人数分をなんでもかんでも皿できますが、取り分けましょうかと店の子に言われると、つい、面倒なのでお願いしてしまいますが、楽チンです。
CIMG2137.jpg
紹興酒を飲まないということで、少しいただきます。次の日が休みなら、もう少し飲むのですが、最近、特に次の日がしんどくなるようになりました。残念です。
CIMG2138.jpg
しゃべっていると、あっという間に、時間が経ちます。
中華は、しゃべりながら食するには、もってこいという感じです。
CIMG2140.jpg
1階の大部屋です。もっと、じっくりと内部を見る予定だったのですが、なぜか、そそくさと帰ります。もったいないことをしました。
次は、暑くなって、屋上ビヤガーデンに来たいです。眺めも良いようです。

ところで、店のスタッフに中国の子がいましたが、帰国せずに頑張っているようです。

今日のゼロカロリー

Posted by kazunhana on 24.2011 ドリンク 0 comments 0 trackback
CIMG0083.jpg
これは、マルハニチロが出している「大満足ゼリーdeゼロ いちごミルク風味」です。
L-カルニチン150mg配合となっています。
少し甘い感じはしますが、さっぱり感はあります。
ナタデココの食感が、噛むというアクセントを出していて、良い感じです。
内容量290gの食べ応え十分です。

大震災復興に向けては、徐々にではありますが、前には進みつつあります。
ところで、台湾から100億円を越える募金が集まったのですが、政府は中国に気兼ねをして、新聞に感謝の広告は出さなかったようです。首相が電話で伝えたという話はありましたけど。
僕は、ここのところ台湾バナナを、少しフィリピン産より高いのですが、買うようにしています。
昭和の頃、懐かしい台湾バナナです。
近い将来、台湾旅行に行こうと思っています。前の仕事場では旅行した人もいましたが、僕も是非と思います。
日本人も本当の友人とは誰かを再認識する必要はあるようです。
本当の友人とは、恩着せがましいところなく、助けてくれる人たちのことです。

今日の本【1970年大百科】

Posted by kazunhana on 24.2011 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



今日の本は、宝島発行の「永久保存版 1970年大百科」(1985年発行 1,000円)です。
スーちゃんの訃報、誠に残念です。
キャンディーズのレコードデビューは1973年でしたか。
全員集合のレギュラーだったこともあり、ヒット前から、知名度抜群というところでしたね。
1978年の解散まで、わずか5年くらいですけど、僕の場合、中学、高校と、ティーンエイジャーとともにあったという感じです。
そんな、70年代、黄金時代ともいわれる文化の花咲いた時代だったと思います。
1970年は、大阪万博とともに幕が開きますが、ジャンボジェット機就航、光化学スモッグ、ボウリングブーム、あしたのジョー放映等々、ほんとうにわくわくした時代でした。
映画も、アメリカのニューシネマ、イージーライダーは衝撃でしたよね。
仮面ライダーも1971年放送開始でした。
当時のテレビ番組の紹介も、本書にはたっぷりと書かれています。
近藤正臣って、当時、柔道一直線で、26歳くらいで、高校生役をやっていました。当時、僕の姉が、テレビを見ながら、指摘をしていたのを昨日のように覚えていますが、女性に人気がありましたよね。
ガッツジュンという高校野球ドラマでも、27歳で高校生役と本書でも書かれています。この番組も見ていました。これを見て硬球がほしくなって、硬球用バットを小学生ながら振り回していました。
そういえば、あの頃、ベルボトム、パンタロンとかが、ジーンズでも流行っていて、ベルボトムのジーンズは1980年頃まで履いていたような。おそらく最後までこだわっていっと言うか。
中学の頃、学生服でしたが、ズボンは、ラッパズボンと言われていたものを履いていましたね。靴はバスケットシューズです。今から考えると、時代を感じますね。ファッションって繰り返すと思うのですが、ベルボトムは見ませんね。
ラジオの深夜放送も流行りましたが、僕は早寝でしたから、ほとんど聴けませんでしたが、オールナイトニッポンの話が、クラスでもよく聞かれましたね。
僕は、土居まさるのテレビジョッキーが貴重な芸能ニュースと言うか、情報源でした。
音楽は、ビートルズが解散してしまいましたが、新しい時代を迎えて、感動の時代でした。ハードロック、プログレ、ウエストコースト等々。日本では、フォークがすごかったですね。

これは、本書の中の、青春ドラマコーナーでの、おれは男だ、です。
ウーマンパワーという言葉がはやりました。青春ばやりでした。今、この言葉ってほとんど聞きませんが、そういう感じでは雰囲気がなくなっているのでしょうか。
あのころに戻りたいですね。ノスタルジィィィーです。
あと、思い出しましたが、姉が結構、少女マンガに凝っていて、そのお古マンガを、コタツにあたりながら、良く読みましたね。マーガレットとか、リボンとか、フレンドなど。あのころのマンガには詳しいですよ。
楳図かずおの恐怖シリーズは怖かったです。これ、少女マンガのふろくとかに冊子がついていたと思います。
漂流教室とかの前の時代です。
少女マンガの影響は大きく、30代前半までは、普通に少女マンガを読んでいました。今は、読めていませんので、仕事を引退したら、ゆっくりと当時を振り返りたいものです。

伏見の町名1

Posted by kazunhana on 23.2011 伏見学 0 comments 0 trackback
CIMG2087.jpg
伏見には、豊臣秀吉が築いた伏見城の大名屋敷などが由来となった町名が多いのですが、フラフラ歩いていると町名の表示が気になりますので、写真に撮れたものから記していきます。
まずは「京町大黒町」です。
大黒さんからきていることはわかりますが、秀吉公の持念仏であった「朝日大黒天」像 (←クリックすると大黒さんが見られます。) が、伏見城にあったのですが、これが一時、この地に預けられたことによるとのことです。
今、この大黒天は、伏見区役所と大手筋の間にある浄土宗の源空寺にあるようです。
このお寺の前は、よく自転車で通るのですが、まだ写真に撮っていませんので、またの機会にします。
慶長年間に、徳川家光が、この寺に朝日大黒天像を授けたことから、当時はこのお寺は「新大黒町」と呼ばれるようになったようです。
この大黒さんは、秀吉が出世することになったので、出世大黒天とも呼ばれるとか。
そういえば、二条駅の千本を上ると、出世稲荷がありますね。
出世を極めた豊臣秀吉らしいですね。感謝の念は強かったのでしょう。

京都駅のイオンモールへ

Posted by kazunhana on 16.2011 生活 0 comments 0 trackback
 CIMG2113.jpg
今日は土曜日です。
チキチキもかなり歩けるようになりましたので、京都駅周辺に出かけます。
JR桃山駅では、枝垂れ桜が満開です。
以前、3月早々に咲いていた桜の隣なんですが、上手いこと咲く時期が異なるように植えてあります。
CIMG21112.jpg
チキチキを久々に、バーチャルペイントです。油絵風です。
暖かくなって外出も楽になりました。
CIMG2115.jpg
京都駅前のドコモショップに寄りつつ、京都タワーを撮ってみました。
CIMG2116.jpg
ここは、10月9日のブログでも書いた京都駅裏のイオンモールのカエデ館1階に来てみました。
ここにはテレビキャラクターグッズの店があったのですが、土曜日でもガラガラで、その後、撤退したというニュースを見ました。
まだ、空きのようです。近づいてみると、なんとトイザラスがまもなくオープンと言う張り紙がしてあります。
うーん、個人的にはトイザラスには、少しだけ買いたいものがあるかもしれません。バットマンとか、スパイダーマンはほいいような。スターウォーズもありましたっけ。
CIMG2125.jpg
昼食は、チキチキが握りしめてきた半額券の店、平林亭にきました。
イオンモールサクラ館の4階にあります。
午後3時なので、ガラガラでゆっくりできます。
CIMG2118.jpg
久々のバイキングですが、ほんとうに以前のようにたくさん食べられません。かなしいです。

CIMG2119.jpg
デザートも一個一個取りにいくのは面倒なので、てんこ盛りにすると、見た目にはどうもいけません。

伏見の黄桜

Posted by kazunhana on 13.2011 伏見のお店 2 comments 0 trackback

今日は、前の仕事の仲間と歓送迎会です。
伏見の黄桜のカッパカントリーで、となりました。
ここには、何回も来ていますが、お酒も良いのですが、ビールの飲み比べも6種類あります。
酒蔵の展示もありますから、お酒好きにはもってこい。
ビアホールのようで、快適な空間です。








NEC_0026.jpg

ここの中には、黄桜関連グッズが売られています。
お酒ファンにはたまりません。


















NEC_0027.jpg
桜ももう終わりです。
NEC_0032.jpg
夜の中庭です。
みんな写真を撮ります。
しかしながら、改めて本当に良い人たちばかりでした。
宝物のような人たちです。これからもよろしくお願いします。

今日の本【ミュージックライフが見たクイーン】

Posted by kazunhana on 09.2011 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



これは、シンコーミュージック・エンタテインメントが出している「ミュージックライフが見たクイーン」(2011年4月発行 3,000円)です。
今日、書店で買ってしまいました。
これは第2弾で、第一弾はビートルズだったと思いますが、思わず懐かしくて買いました。
ミュージックライフは中学から買い始めて、20代後半ぐらいまで毎月買っていたと思います。
ですから、クイーンはリアルタイムで接してきました。
高校の頃、友達がアルバムを揃えていましたが、僕が初めてクイーンを知ったのは、1975年の初来日で、雑誌にビジュアルグループ的に紹介されていたのを見てからです。
本国、イギリスでよりも、先に日本で人気が出たグループとしても、有名です。イギリスでは逆輸入みたいなものです。日本で、なぜ先に人気が出たのか、僕の長年の経験では、少女漫画的なビジュアルとギターを中心とした壮大な曲、アルバムついてのまとまり、で日本の女の子たちが注目したんではと思っています。
日本人って、パープル、ツェッペリン等々、ハードなギターサウンドが好きなんですよね、男の子なら分かるのですが、女の子がなんです。ここが少し欧米の女の子と違う点だと、ずーっと感じてきました。
そんなことで、日本でいきなり武道館コンサートでした。チープトリックの武道館ライブが逆輸入されたのも同じようなパターンでした。
僕がクイーンの曲を好きになり出したのは、1976年モントリオールオリンピックのとき、テレビ中継が終了後、結果が気になってラジオをかけた時、「You are my best friend」が流れてきて、これは衝撃でした。今でもその時の状況が浮かびます。
その後、クイーンは大好きなバンドとなりましたが、残念なことに、大抵のイギリスのロッバンドのコンサートはほとんど行ったことのある僕なのですが、クイーンは行かなかったんです。もうフレディーはいません。
クイーンについての話題はいろいろありますが、僕の印象に残っていることとしては、アメリカの番組、パートリッジファミリーのデビッドキャッシディの弟で、日本でもヒット曲を出したショーンキャッシディが、ロックするにも、今や学歴だよって・・・・。はっーてな感じですけど、当時、アメリカではそんな感じだったようです。
クイーンのブライアンが天文学、ロジャーが歯科医師、ジョンが工学、フレディーがデザインを、それぞれ大学で学び、ブライアンは教鞭もとっていたという、当時は、高学歴バンドとしても有名でした。
ブライアン・メイについては、父親とともに、マホガニーの木から、ホームメイドギターを作って、それを今現在でも使っているという話も有名です。
そのギターで効果音まで出して、ノーシンセサイザーをクレジットしたりしていましたよね。フラッシュゴードンぐらいまでだったと思いますが。
ブライアンのギタープレイについては、当時、下手だと思っていました。すいませんでした。
でも、当時、エリッククラプトンが、クイーンのギターの奴は、非常に計算されたフレーズを弾くが、僕にはあのようには弾けないね、ってなコメントがありました。それからは、ブライアンのギターを見直すようになりましたけど。
まあ、ジミーペイジとかも同じような印象を受けるのですけど、また、仕事を辞めたら、ゆっくりとロックを聴き比べしたいものです。
フレディーのピアノも好きでしたね。ピアノがベースのロックって、エルトンジョン、ビートルズ、レオンラッセル等々ありますが、クラシックに近い奏法の感じがします。プログレとはまた違う、ショパン的なシンプルさというか、プログレは、バロック、現代音楽の要素が強い印象を持っているのですが、どうなんでしょう。
ヴォーカルについては、ボヘミアンラブソディに代表されるように、オペラ風が特徴です。ライブでは、ロジャーのハイトーンヴォイスが頑張りますが、アルバムでは多重録音で荘厳なオペラが再現されます。
これも衝撃的なものだったと言えます。
つい、僕の思い出を記しましたが、この本の内容は、デビューのころから、90年代にかけて、ミュージックライフに掲載されたクイーンの記事が再現されており、読者としては涙ものです。
特に、クイーンは本誌の人気投票でもずーっと、1位とか、上位の常連でしたから、記事も多かったようです。
日本人が愛したクイーンですが、クイーンも日本を愛してくれ、フレディー亡き後のメンバーも日本に感謝し続けてくれているようです。
ありがとうクイーン。
若いころ、音楽評論家か、マンガ評論家か、プロレス評論家になりたかった僕としては、ロックに関してはこだわりがあります。
でも、90年代以降は、離れてしまい、よくわかりません。レディーガガ、ついていけてません。
退職後は好きなことをしたいものですね。早くこないかなと思っています。

図書室で一服

Posted by kazunhana on 09.2011 生活 0 comments 0 trackback

京都でも桜が満開になりましたね。
今日は、カナート洛北に買い物に行きましたが、円山公園も川端通も満開で、そこそこの人出でした。
いつも雨戸を閉じて真っ暗な図書室ですが、久々に雨戸を開けて、チキチキも昨年来、初めて丸テーブルに座ることができました。
早速、コーヒーでも飲んでみます。
この家が売家になっているのをヤフー不動産で知ったのが、昨年の4月中旬でしたので、ほぼ1年になります。ほんとに早いものです。
昨年、引越ししてほんとに良かったと思います。

また大阪に来ることに

Posted by kazunhana on 06.2011 生活 0 comments 0 trackback
NEC_0019.jpg
新しい仕事でも、大阪に来ることになりました。
ここは、ホール&オーツのコンサートでも来た、大阪府立会議場、グランキューブ大阪です。
時間が早いので、2階のカフェでカプチーノです。
大阪府立大学の入学式もやっています。やはり、交通の便の良いところでなのか、大人数を入れるには体育館では狭いのかはよく分かりませんが。
今日は、久々に天気も良く暖かい日となりました。
でも、新しい仕事場は、寒くて、体が芯まで冷えて、小さな石鹸、カタカタ鳴った♪♪
暑い方が好きなのですが、電力の消費量が少なくてすむように、冷夏を望みます。
農作物も大変ですが、原発はなんとかならないんでしょうか。
改修をケチったために、恐ろしい目に遭いましたね。

ところで、これからは、仕事場の雰囲気に慣れなくてヘロヘロで、ブログも毎日は無理かもしれませんが、日記代わりに続けようかなと思っています。この際、止めようかと思うほどでしたが。
仕事で読まなくてはならない資料も増えて、アイデアを出すことに迫られます。
中世ヨーロッパを作ろうは、全く無理です。とりあえず、そのままにしておきます。相当、時間がかかりそうです。

歓送迎

Posted by kazunhana on 06.2011 飲食 0 comments 0 trackback

4日、月曜です。
新しい仕事場に行くことになりました。
きつい日々が続きそうです。いや、仕事のない方も多い中で、贅沢を言ってはいけません。
ここは、天ぷらの吉川です。前の仕事場の集まりで来ました。
京都では、天ぷらと言えば、という感じです。
価格も万以上ですが、天ぷらはさすがに美味しいです。
前に、チキチキの誕生日に来たこともありますが、庭もきれいにされています。
携帯で撮影したので、上手く撮れていませんが、行灯、灯篭、獅子おどし、池、鯉など、一通りのものがある庭です。
大人数よりも、少人数で雰囲気を味わうお店だと思います。

我が家で花見

Posted by kazunhana on 03.2011 家のこと 0 comments 0 trackback
CIMG2070.jpg
自宅を出ると、小さな桜の木ですが、桜が咲き始めました。
我が家にもようやく春が来ました。
CIMG2092.jpg
1回の図書室から見ると、小さな木ですが、自宅の花見としては充分です。
CIMG2093.jpg
まだ、使っていなかった丸テーブルで、ビールを飲みます。
この部屋は、いつも寒くてコートを着ていたのですが、ようやく要らなくなりました。
去年の8月の、きつい本の荷開け作業を思い出しましたが、このひと時で、本当に頑張って良かったと思います。

洛南歴史フォーラム

Posted by kazunhana on 02.2011 伏見学 0 comments 0 trackback
CIMG2089.jpg
4月2日、午後2時から乃木神社内において、洛南保勝会による洛南歴史フォーラムがあると聞いていたので、やってきました。
既に一杯です。実はハガキでの事前申し込みで、定員オーバーの状況だったようですが、それを知らずに飛び込みましたが、少し席が空いていたので入れていただけました。
講師は、中西輝政先生(京都大学大学院人間・環境学研究科教授)です。
先生は、高坂正堯先生のお弟子さんとして、また保守の論客としても有名です。
言いたいことを言いすぎて、マスコミからは嫌われているので、テレビとかからは声がかからないとおっしゃっていました。日本のマスコミや民主党には、日本の国益と言うものをしっかりと考えて欲しいものですが、現状の構図では無理かもしれません。国民一人一人が気付くしかないと思います。
今は、ネットの世界なので、テレビ新聞ではなく、ネットに注目です。海上保安庁の映像流出もそうでしたよね。
本当の真実とは何かを知らないといけない時代になりました。これまではテレビ新聞に誘導(洗脳)されていましたから。
ところで、中西先生の講演は、乃木神社で、まさに乃木大将の話でした。
先生の話では、乃木大将は、昭和までの日本人の心を体現する人物だったと言われます。
昭和15年に東大生に、尊敬する人物はだれかとアンケートしたところ、1位は西郷隆盛、2位は吉田松陰、3位はゲーテ、4位が乃木希典だった。しかし、昭和45年にNHKが行った調査でも、4位が乃木希典だったということで、乃木希典という人物がいかに、日本人の心をとらえていたかが分かるという話です。
先生ご自身も、幼少の頃、母親から乃木大将の逸話を聞かされ、しつけられて育ったとのことです。先生は昭和22年の戦後生まれにも関わらずです。
戦後、GHQは戦前の軍国主義思想をなくすべく、乃木大将を歴史教科書から除く指示を出すようですが、家庭では、祖父母、両親から乃木大将の話を聞きますから、45年あたりまではその影響は大ということでしょう。
しかし、そこから40年たち、今、乃木大将のことを知る人たちはどれだけいるのでしょうか。
今、まだNHKの坂の上の雲がまだ完結していませんが、先生は司馬遼太郎の乃木大将が愚将という説に異論を唱えられます。戦術の面からもです。司馬遼太郎の歴史観自体は、日本は太平洋戦争までは良かったというものだと読んだことがあるのですが、大戦でおかしな方向に暴走したということでしょうか。
乃木大将は、明治天皇の後崩御の日に、御夫婦で自決をされ、多くの日本人の心に残ったのでしょうけど、もっと他にも庶民の心の中に残った乃木大将の人物像というものがあります。僕ももっと知りたいと思っています。
先生は、1970年代にイギリスに留学をされ、そこでは戦前の日本の書物が多くあるのですが、それらには戦後の日本の書物にはない、純粋なしっかりとした根拠で書かれた歴史書があることに気付いたと言われます。
それは、戦後、GHQにより、それらが焚書にされ、日本を敗戦国として、悪者にしなくてはいけない都合があって、それらの多くが、市中から消されていって、今の自虐史観が育ったということだと、僕も確信しています。
今、この大災害の中、明治の日本人を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。
CIMG2091.jpg
サクラが咲き始めた乃木神社です。

春、散歩です。

Posted by kazunhana on 02.2011 生活 0 comments 0 trackback
CIMG2077.jpg
土曜日です。
急に暖かくなりましたね。
チキチキもなんとか仕事に行き来するだけでしたが、今日は初詣で以来の散歩です。
暖かくなって楽になったようです。
ここは、桃山御陵の森です。原生林のようになっています。中には入れませんが、貴重な動植物が生息してそうです。市内にこういうところがあるのは良いですよね。
CIMG2086.jpg
ということで、12月以来の、大黒ラーメンに来ました。
念願のチャーシュウメン大を頼みました。
対面では、チキチキが早速、すすり始めます。
改めて、このラーメンはくせがなく、食べやすいと思いました。

けいはんな学研都市 祝園駅前

Posted by kazunhana on 01.2011 飲食 2 comments 0 trackback
NEC_0006.jpg
今日は、4月1日、新しい仕事場に行き、あいさつをしてきました。
そのあと、前のところにも、仕事の引き継ぎもあり、近鉄新祝園にお昼頃、到着しました。
ここは、近鉄の新祝園駅とJR祝園駅が隣接しています。
その近くにあるフードコートで、移動時に食事することがありました。
今日は、ここでの最後の昼食となります。
ここのラーメンも美味しいのですが、どうしてもカツカレー大盛りを食べたくなりました。
満腹定食も3種あり、腹ごしらえには良い場所です。というか、近くには食べるところがありません。
もっと、賑やかになってほしいものです。乗降客は多いのですけど。
けいはんな学研都市、頑張ってください。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
312位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム