FC2ブログ
Loading…
 

ダイソンのコードレス掃除機

Posted by kazunhana on 31.2012 家電製品 0 comments 0 trackback
CIMG4547.jpg
以前からほしいと思っていたダイソンのコードレスクリーナーです。
ヨドバシカメラ会員限定のチラシを見て安くなっていたので迷わず買いました。
43,800円でした。
CIMG4548.jpg
これの素晴らしところは、軽くて、強力で、しかも静かなことです。
2kgほどの重さで、15分ぐらい稼働します。
CIMG4549.jpg
これだけの部品が入っています。
CIMG4550.jpg
まずは短くセットすると、車の中とか、狭いところでもササッとできます。
CIMG4551.jpg
通常は、普通の長さでやります。
パワーブラシになっていて、ゴミを掻き出しながら吸い込みます。
コード式の掃除機はコードを抜いたり、差したりしながら、1階から3階へと大変面倒です。
つい、ほうきでウロウロしてしまいます。
以前買った安物のものは、音がうるさくて、チキチキもおびえていました。
でも、これなら、ゴミの箇所に行って、そこだけシューーーと、できます。
CIMG4554.jpg
さらにすごいところは、壁に充電器をセットできることです。他のブラシなどもセットできます。
CIMG4553.jpg
このようにしておくと、充電をしてくれます。
ルンバと併せて使うと、楽です。

東京みやげ 室町半熟かすてらとシブースト

Posted by kazunhana on 20.2012 お菓子 0 comments 0 trackback
CIMG4535.jpg
東京みやげはいつも、東京ばな奈なのですが、今回は、少し他の店もみることにしました。
半熟カステラとあります。
要冷蔵ですが、美味しそうなので、買って帰ることにしました。
CIMG4536.jpg
中はプリンのように濃厚で、たまごの風味もあり、大変美味しいです。
CIMG4537.jpg
CIMG4538.jpg
CIMG4539.jpg

CIMG4540.jpg
CIMG4541.jpg
レンジで暖めてみましたが、僕は、冷たい方が好きです。
チキチキは暖めた方が良いといいます。
CIMG4543.jpg
こちらは、ブールミッシュ東京駅中央店で買ったお菓子です。
要冷蔵ですが、美味しそうなので、保冷剤で持って帰ることにしました。
CIMG4544.jpg
食べてみると、無茶無茶美味しいです。
濃厚なクリーム、りんごも入っていて、やみつきになりそうな絶品です。
CIMG4546.jpg

東京です。

Posted by kazunhana on 19.2012 生活 0 comments 0 trackback
NEC_0319.jpg
朝、4時半に起きて、仕事で東京に向かいます。
暖かくなって助かります。
天気もよく、富士山を撮りました。
NEC_0321.jpg
東京駅の構内は、改修が終わりましたが、旧駅舎の建物の外観がまだです。
少し見えています。当時の豪華さが蘇りそうです。
NEC_0324.jpg
今日もクタクタで、どこにも寄る気力も体力もありません。
牛タン弁当を買います。
NEC_0322.jpg
分厚く重いので、期待をしてたのですが、開けてみると、加熱する仕組みになっていて、内容は少ないです。
出ている糸を引っ張ると、湯気がバーッと出ます。
焦りました。隣の席は空いていたので良かったですが、いたらビビッたでしょうね。
通報されてもおかしくないくらい、湯気が出て発熱します。
列車内で一人で食する場合、覚悟が必要です。

外国人観光客の戻り

Posted by kazunhana on 13.2012 生活 0 comments 0 trackback
NEC_0307.jpg
今日は、仕事で中国からの視察団のアテンドです。
定番の金閣寺は押さえどころとして、京都に初めて来られる場合には、外せません。
しかし、改めて、国際色豊かな金閣寺です。
日本人の方が少ないかのような印象です。
京都の素晴らしいところを見て感動してほしいものです。

花灯路 東山2012

Posted by kazunhana on 11.2012 生活 0 comments 0 trackback

寒ーい日曜日です。
そんな寒い中、仕事です。
高台寺公園にやってきます。
京都マラソンの日に、被災地に祈りを込めて、「祈」の点火です。
NEC_0299.jpg
NEC_0308.jpg
高台寺公園から高台寺に登る石段です。
NEC_0312.jpg
久々に、円山公園にきます。
しだれ桜はまだですが、ワイヤーが張り巡らされています。
以前、カラスがたくさんとまって、フン害で枯れそうになっていましたので、対策がとられたのでしょう。
NEC_0315.jpg
NEC_0300.jpg
狐の嫁入りです。
チリンチリンと鈴ののみの無音の行列です。
雰囲気があって最高です。幻想的です。

今日の本【名作アニメの風景50】

Posted by kazunhana on 11.2012 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



(内容のイメージはここクリック)

これは東京印書館2011年12月7日発行1,800円です。
今、アニメの舞台を訪ねるファンが、海外からも含めて多いようです。
本書は、日本が舞台ではなく、外国を舞台としたものを扱っています。
思わず写真が綺麗なので、買ってしまいました。
アルプスの少女ハイジなどは、スイスの現地取材の上、描いていってことはテレビでもよく紹介されています。 
魔女の宅急便が、ストックフォルムを街のモデルの一つにされたようです。
なぜ、こういう街が綺麗なのか、建物の統一性と、看板やなんと言っても蜘蛛の巣のような電柱と電線がないことです。
日本が本当の文化国家となるには、街の電線を地下に埋めることです。到底、先進国とは思えない景観です。

今日の本【木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか】

Posted by kazunhana on 10.2012 輝く日本の本 0 comments 0 trackback



これは、「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也著、新潮社2011年9月30日発行 2,600円)です。
「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」この言葉は、有名なので僕も子どもの頃から知っています。
子どもの頃、テレビでよくプロレスの歴史特集とかで、プロレスラーに転じた木村政彦が力道山のカラテチョップでKOされるシーンがよく出てきます。これによって、力道山が強いという誤ったイメージが広がり、木村政彦は表舞台からか消えます。僕が高校の頃、柔道をやるとき、柔道の教則本を買ったのですが、そこに初老の木村政彦がモデルとなって技を解説されていました。そのことを思い出します。
この本書を、書店で手にとって、衝撃がきました。木村政彦の本当の強さが分かります。
力道山との一戦は、八百長でのだまし討ちにあったということは、以前から、暴露されていましたが、また、ホイスやヒクソン・グレーシーの父親であるエリオ・グレーシーを破った一戦は、格闘家ファンの間ではよく知られたことですが、その背景を知ることによって、真の強さが分かります。
木村政彦の全盛期の強さは、ヘーシンク、ルスカ、山下などは相手にならなかったと言われています。
ベンチプレスなど、あまりやらなかった頃、250kgのトロッコ列車の車軸を持ち上げ、腕当て伏せ千回、畳を団扇代わりに振り回すとか。本書の中には、前身の写真がありますが、普通のボディビルダーとは異なり、岩石のような筋肉に覆われています。
これに寸分違わぬ技の正確さが加わり、寝技もすごかったようです。
木村の弟子に、東京五輪の重量級で銀メダルとなったカナダのロジャースという選手がいたのですが、当時、40代だった木村政彦に子ども扱いにされたと、ロジャース本人が語っています。
当時、ヘーシンクが無差別級で立ちはだかり、日本では、40代の木村を代表にという話が出ていたくらいだったようです。恐らく、その後、山下など、柔道家は木村政彦を超えることはできなかったと認めているようです。何が違うのか、練習量と覚悟にあると。切腹覚悟で試合に臨んだ精神性も大きかったとされています。

今になってこの本を読むとはと言う感じです。
この中には、大山倍達も登場します。空手バカ一代で一世を風靡した空手家です。中学の頃、テレビでアニメの放映があり、当時、伝記を買うほど夢中になったものです。
そこでは、アメリカに乗り込み、プロレスラーと死闘を演じ、また世界各地の格闘家を破っていきます。
ところが、本書の中で、遠藤光吉(かつてのプロ柔道家、プロレスラー。新日本プロレスで解説もしていた。)が、大山倍達はアメリカでは戦っていないと証言します。大衆の前で、ブロック割とか演技(演武ではなく)をしていたとあります。ガーーーン。つい最近まで、大山の本を読んで信じていたのに。
木村政彦と力道山の一戦では、木村のセコンドに付いていて、試合後、力道山に挑もうとして、止められて、もし止められていなかったら、大山が力道山を殺していたかもという話を、子どもの頃から信じていた自分としては、ガラガラと何かが。
しかし、極真空手は世界中に支部を拡げていったことは事実。本書の中でも、大山が強かったことは事実だろうとありますが、かなりの部分、巧みなデモンストレーションによるところですか。
氷割り、真剣白刃取り・・・・・・・。熊殺しウィリアムス等々。
強かったことはあっても、それ以上に創作していたとは。当時は仕返しが怖くて暴露できなかったようです。
この大山倍達も、全盛期の木村には、近寄れなかったと証言をしているようです。
柔道家だけではなく、グレイシーなど世界の格闘家から、尊敬を受ける木村政彦ですが、プロになったことから講道館からは、七段のままで、それ以上昇段は許されなかったようです。
ホイスグレシーが総合格闘技で、世に出て、木村の強さを語ったその前年に、木村政彦は永眠します。
老いてからも指導をされましたが、弟子が八百長、金まみれのプロレスに行くことは許さなかったようです。
全盛期の木村政彦が、現在の総合格闘家と試合をしたらどうなるのか、そんな想像をさせる700ページにわたる力作の一冊。

「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」この言葉が全てです。

元祖 船場汁

Posted by kazunhana on 09.2012 飲食 0 comments 0 trackback
NEC_0294.jpg
雨降りですが、大阪で仕事です。
本町まで来ます。
打ち合わせがすんだ後、お昼を大阪センタービルの地下で食べます。
元祖、船場汁(せんばじる)とあります。
他では、見かけないもので、いかにも大阪らしいので、食べることにしました。
この料理は、大阪問屋街の船場で、商家の丁稚などの賄い食として生まれたたとか。
塩サバやダイコン、ニンジンなどが煮込んであります。
あっさりとしていて、暖まります。
安くて、早くできて、早くたべられる。大阪らしい合理的なところに触れた感じがしました。

久々、東京ばな奈

Posted by kazunhana on 01.2012 お菓子 0 comments 0 trackback
CIMG4521.jpg
久々に、仕事で東京です。
しかも、夕方、5時からの会議です。
霞ヶ関でヘロヘロにされます。
日帰りですから、スカイツリーも未だに見ずです。
東京駅で、キャラメル味の東京なば奈を買います。
これはまだ食べたことがありません。
しかし、東京駅、外観が完成していましたね。内部は、まだ工事中でしたが。
CIMG4523.jpg
なかなか、美味しいです。
説明書にあるとおり、冷凍庫でカチンカチンやぞ、にするとアイスクリームのように美味しくなります。
CIMG4524.jpg
CIMG4525.jpg
こちらは、銀座たまや ごまたまごプリンです。
3個で800円ですが、濃厚で美味しいです。
CIMG4527.jpg
ふたを明けると、中身は下半分です。
スプーンが入っています・・・。
でも、美味しいです。
CIMG4526.jpg
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2874位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
312位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム