FC2ブログ
Loading…
 

ホーカーハンターMk

Posted by kazunhana on 31.2013 ヒコーキ 0 comments 0 trackback

イギリスホーカー社の戦闘機。
1956年に運用開始されたが、現在は中東で使われるのみ。
マッハ0.94。
この機種は対地攻撃用に特化されたもの。
訓練機としては、アメリカでは今でも使われており、日本の基地にも飛来するそうです。

ゆずトマト

Posted by kazunhana on 28.2013 未分類 0 comments 0 trackback

これは亀岡にある亀蔵のゆずトマトです。トマトの漬物です。
以前、テレビで紹介されて以来、ずっと気になっていました。その番組では、京都駅ビルの伊勢丹の地下1階で売られているとありましたので、この前ウロウロして探したのですが、見つかりませんでした。

ところが、今日、チキチキが買って来たのです。すぐに見つけたと、言うではありませんか!!
そんなわけで、仕事から帰ると、器に少し「ゆずトマト」が入っています。食べながら、大部分のトマトはチキチキの胃袋の中かと思いつつ。

チキチキに聞いてみると、これは漬物なので、少しずつ食べるのだと店の人に聞いたとか。

このように、潰して食べるのか。
味は、デザートのような甘さがあります。トマトが崩れないようにゼラチンで被ってあるようです。こうして食べると、1個400円とかも分かります。デザート風と思っていたので、丸々一気に食べるのかと思っていました。

東京スカイツリークッキー

Posted by kazunhana on 28.2013 お菓子 0 comments 0 trackback

チキチキの東京スカイツリークッキーです。
とりあえず、名前で買ってしまうところでしょう。

おいしくいただきます。

キャプテンウルトラ

Posted by kazunhana on 26.2013 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



僕らが大好きだった特撮ヒーローBESTマガジンの「キャプテンウルトラ」特集です。
これ、どうみてもスターウォーズの原点ではないかなと。
宇宙船シュピーゲル号もかっこよかったと思います。合体や分離をするんです。
ロボットハックは禁断の惑星のロビーが参考にされた感じです。バンデル星人は子どもの頃だったので、不気味さが伝わりました。
昭和42年4月に、ウルトラマンの後に放映開始されました。日本初のスペースオペラとあります。
また本書には、光速エスパーも特集されています。これは全作品を見ていません。
ガッチャマン的な変身コスチュームとしては、先駆けかもしれません。
キャプテンウルトラと光速エスパーも全作DVDを入手しましたので、またゆっくり観ることにしています。

魔法使いサリー&コメットさん

Posted by kazunhana on 26.2013 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



横山光輝氏の作品を紹介するシリーズ本で、魔法使いサリー&コメットさんの特集です。
魔法使いサリーは「りぼん」に昭和41年7月号から連載され、最初は魔法使いサニーだったようです。サニーが商標登録されてて、いろんな製品に名が付けられていたので、サリーに変更したとか。
アメリカの奥様は魔女が茶の間の人気となったことで、魔法ものも受け入れられると判断され、コメットさんは「マーガレット」で昭和42年6月号から連載されました。
この時期、横山氏は、「仮面の忍者赤影」、「ジャイアントロボ」が同時並行で大変だったようです。
僕は子どもの頃、サリーもコメットさんもテレビで見ていて、馴染みがあります。
生意気カブと、生意気三つ子、本当に生意気でした。
日本初の少女向けアニメとして、サリーは不動の地位を築きましたね。魔法もののシリーズも定着しました。
コメットさんはアニメと実写の合成で効果を出していました。

さくらんぼ

Posted by kazunhana on 26.2013 家のこと 0 comments 0 trackback

家の桜の木を見ていると、さくらんぼが付いています。
小さくて固そうなので、食べようとは思いませんが、染井吉野では珍しいのでは。小学校の時、校庭の染井吉野に小さなさくらんぼが付いていたのを思い出しました。恐らく渋いのでしょう。

缶詰ラベルコレクション

Posted by kazunhana on 25.2013 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback



缶詰は1804年にフランスの菓子職人によって考えられ、日本では1871年に長崎でイワシ缶詰が最初だとか。当時の日本の缶詰は輸出用で、ラベルも英語とかで、ハイカラな雰囲気に満ちています。
絵の得意な日本人、ユニークなデザイン性もより磨かれていったのではないでしょうか。
マッチのラベルもそうですが、芸術の域です。
本書では550ものラベルが紹介されています。
果物、野菜、魚介類、肉など、おいしそうな絵でもあります。
上の表紙画像をクリックすると、アマゾンのページから何枚か見ることができます。著作権の関係から、この方法しかありません。

おかしなジパング図版帖

Posted by kazunhana on 25.2013 輝く日本の本 0 comments 0 trackback



モンタヌスが描いた驚異の王国 おかしなジパング図版帖です。
いったい、ここはどこなんだ?
空想と思いこみと伝言ゲームで描かれたどこでもない日本へようこそ。
1669年にオランダ人のモンタヌスが書いた日本誌の挿絵がこの本の中心になっています。この人物は、日本には来たことがなく、伝聞で日本を想像しています。
そこで、とんでも日本のイメージができあがってしまいます。絵だけでは絶対日本と分かりません。どうも東南アジアと中国などがゴッチャになっているようです。
ヨーロッパから最も遠いジパング、江戸時代は上陸もできなかったことを考えれば、神秘の不思議のジパングとなっていったのでしょう。
方広寺の絵がありますが、まるでローマの神殿です。大仏は女性像と解されたようです。清水寺は要塞のようです。
面白い絵で一杯です。絵を紹介できなく残念です。上の表紙画像をクリックして、アマゾンのページに行き、他の画像をクリックすると、6枚ほど見ることができます。

京都今昔歩く地図帖

Posted by kazunhana on 25.2013 京都本 0 comments 0 trackback



京都今昔歩く地図帖です。
これまで東京と大阪は出ていて、大阪は買っているのですが、京都も手入れたいと思っていたのですが、ようやくです。
100年前の京都の写真がたくさん載っています。
東京と大阪は、空襲によって焼け野原になってしまったので、相当、街も変わっていますが、京都は大抵の場所で雰囲気が残されています。
古地図も満載、古写真も着色されていて、見ているだけで楽しくなる本です。
拡張される前の四条通とか、今との違いを見つけると、当時の京都を歩いてみたくなります。

東京スカイツリー

Posted by kazunhana on 23.2013 建築物 0 comments 0 trackback
P1010616.jpg
チキチキが東京駅だけでなく、スカイツリーにまで足を延ばしたようです。
僕は行ったことがありません。ここも記録しておきます。チキチキも上には上がらなかったようなので、いつの日にか行きたいものです。
P1010618.jpg
その辺の山よりも高いと言うことが、驚きです。
京都タワーがこのくらいだと、どこまで見えるのでしょうか。淡路島は見えるでしょう。六甲山とか、琵琶湖も見えるのかどうか。どうせなら作ってほしいです。
P1010620.jpg

P1010621.jpg

P1010625.jpg

P1010627.jpg

P1010630.jpg

P1010635.jpg

P1010640.jpg

P1010642.jpg

東京駅

Posted by kazunhana on 23.2013 建築物 0 comments 0 trackback

東京駅の新しくなった姿です。
残念ながら僕が撮ったものではありません。チキチキです。
ここ数年は、僕はよく東京に行っていました。多い年は月1ペースの時もあったのですが、その間、東京駅はずっと工事でした。
完成してからは行くことがなくなりました。
ところが、今度は、チキチキが東京に、定期的に行くことになるようです。
早速、自慢げに写真を撮ってきました。悔しいところですが、次いつ行けるのか分かりませんので、しぶしぶ記録しておくことにします。
しかし、タクシー乗り場がすっきりしましたね。迷路のようになっていますが。
P1010581.jpg

P1010591.jpg

P1010582.jpg

P1010586.jpg

P1010592.jpg

P1010602.jpg
綺麗な都市空間ができあがりましたね。
P1010604.jpg

P1010605.jpg

P1010607.jpg

P1010609.jpg

P1010610.jpg
日本とは思えない景観です。イギリスかのような。
P1010611.jpg
また、黄昏時が照明で綺麗な感じです。
P1010598.jpg

P1010597.jpg
早く見に行きたーーーーい。

MONSTER ENERGY

Posted by kazunhana on 19.2013 ドリンク 0 comments 0 trackback

アメリカのからの輸入飲料です。このシリーズは何種類かあって、目的や好みによって飲み分ける感じですが、このモンスターエナジーはカロリーゼロを実現しました。
アルギニンが入っていて、栄養ドリンクという味なんですが、とうとうゼロカロリーになったのかというところです。とてもおいしく、疲労時には最高です。

ナカムラポートリーの京のきじカレー

Posted by kazunhana on 12.2013 飲食 0 comments 0 trackback

笠置町にあるナカムラポートリーの京のきじカレーです。
キジの肉は食べる機会はありません。



これは美味しいです。
でも高いので、食べることはあまりないとは思います。でも、キジ料理は食べて見たいです。

走井餅

Posted by kazunhana on 09.2013 お菓子 0 comments 0 trackback

八幡さんの門前の走井餅です。これは買わないといけません。



仕事場と家用の二つを買います。元は大津の走井の名水で作られたようですが、明治からここに来て、今はここのみのようです。

飛行神社

Posted by kazunhana on 09.2013 未分類 0 comments 0 trackback

八幡駅の近くにある飛行神社に来ます。
飛行原理を発見した二宮忠八が飛行殉難者を祀った神社です。


二宮忠八は飛行機の実用化を軍に進言していたが、採用されず、その間、ライト兄弟が飛ばしたのは有名な話。

ロッキードのエンジンもあります。

境内には海から引き上げた零戦のプロペラなどがあります。

資料館には二宮忠八の資料が展示されています。

奥には飛行関係の図書があります。

飛行機の模型が800ほど展示されています。









ここには航空自衛隊や航空関係者の参拝も多いとか。
今、航空自衛隊の広報室のドラマをやっていて、注目を浴びているようです。
今日は時間がないので、残念です。次はゆっくり見たいものです。

石清水八幡宮へ

Posted by kazunhana on 09.2013 京都文化 0 comments 0 trackback

仕事で八幡さんに来ます。
少し時間があるので、周辺を散策します。
一ノ鳥居です。

神應寺に行きます。

寺の手前にある五輪塔を見ます。日本最大級の石造塔です。重文です。商人が海難を逃れて建立したため、航海記念塔とも呼ばれています。



早朝から石段ですが、天気も良く清々しい空間です。

曹洞宗のお寺、神應寺です。貞観年間創建とか。

書院は伏見城御殿の遺構とか。

杉山谷不動にも行きます。

途中、男山ケーブルの橋脚が見えます。
大正時代によく造りましたね。







一ノ鳥居に戻って来ます。

トスカーナの食卓

Posted by kazunhana on 05.2013 飲食 0 comments 0 trackback

GWなので、チキチキと伏見大手筋の近くにあるトスカーナの食卓にやって来ます。

コースは無いようです。
アラカルトで選びます。
あれこれ頼むと、店の人が多すぎるのではと言ってくれます。
トスカーナの雰囲気を味わいたいのですが、流れている曲はクラプトンです。店長さんの趣味かもしれません。

海鮮サラダです。

エスカルゴ。香ばしいです。

モツァレラチーズのサラダです。

イタリア風惣菜の盛合せと言うところでしょうか。どれも美味しいです。

パスタは何故かナポリタンがあります。気になるので食べることにしました。ナポリタンは日本生まれですが、これはイタリア風本格的という感じです。

デザートは洋梨のケーキです。チキチキは相変わらずチョコケーキのようです。

アマガエル

Posted by kazunhana on 05.2013 動植物 0 comments 0 trackback

良く見るとアマガエルがいます。子どもの頃は良くいて、捕まえましたが、この歳になると、見守るだけです。

子どもの頃はでっかいモリアマガエルもいました。トノサマガエル、ウシガエル、全部捕まえて、遊びました。でも、すぐ逃がしてやりましたよ。

庭の花

Posted by kazunhana on 04.2013 未分類 0 comments 0 trackback

GW、実家に帰ると花が咲いていました。名前が分からないのですが、綺麗です。

夜はまだ寒い感じですが、昼間は陽射しも強くなりました。










丹後 和三盆のポルボローネ

Posted by kazunhana on 03.2013 お菓子 0 comments 0 trackback

三朝温泉の宝販売という会社の出張所が与謝野町にあるようです。
和三盆糖を使ったこのクッキーは無茶苦茶美味しいです。


癖になりそうな甘さ。おすすめ。

ゴッホ展

Posted by kazunhana on 03.2013 未分類 0 comments 0 trackback

お腹が一杯になったあと、京都市美術館にのゴッホ展に来ます。あー、行列ができています。

チキチキがブログで、ゴッホ展がいまいちというのを見たと言います。
実際見てみると、う~ん、作品数が少なく、有名な作品も少ないか・・・。
おまけに人が多すぎて。小柄な人には良く見えなかったと思います。

隣で、リヒテンシュタイン展をやっていますが、やめておきます。

中華そば一番星

Posted by kazunhana on 03.2013 飲食 2 comments 0 trackback

グリル小宝が駄目なときは、中華そば一番星に来ることにしています。



チャーシューメンの大盛に生たまごをつけます。
味は一種類ですが、旨いです。

古本まつりで岡崎

Posted by kazunhana on 03.2013 ショッピング 0 comments 0 trackback
今日は憲法記念日、休みなので、岡崎に来ます。
毎年恒例の古本まつりが開催中です。持てないほど本を買うので、車で来たのですが、駐車場が満杯です。どうなるかと思いましたが、うん良くとめられました。天気も良く、たくさんの人で賑わっています。会場の写真を撮るのを忘れてしまいました。

お腹がすいたので、食べに出ますが、例のうどん屋はこの有り様。

オムライス大盛のグリル小宝もだめです。平日か時間をずらさないと。

バイカルのロールケーキ

Posted by kazunhana on 02.2013 お菓子 0 comments 0 trackback

明日からGW、ロールケーキでも買おうと、ポルタに寄ります。バイカルを見ます。


純生ロールが美味しそうなので、これにします。

甘過ぎず、北海道産の生クリームとカスタードクリーム。

美味しいです。

古都の初夏

Posted by kazunhana on 01.2013 お菓子 0 comments 0 trackback

聖護院八ッ橋の古都の初夏です。
つぶあん入りの生八ッ橋。
涼しげなパッケージです。

ニッキと抹茶の味です。
さすがに美味しいです。
京都ならではの味です。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
126位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム