FC2ブログ
Loading…
 

ソニー エクスペリアZ5 プレミアム

Posted by kazunhana on 28.2015 家電製品 0 comments 0 trackback

P1010302.jpg
スマホを換えました。
ずっとアンドロイドできているので、ソニーのエクスペリアZ5プレミアムにしました。
画面は5.5インチと少し大きくなりました。
4k対応ディスプレイなので、画面もきれいです。
同時に、シャープのAQUOS PADは壊れたので解約しました。これは最初から調子が良くなかったですね。
今回のエクスペリアは写真もきれいで、音楽を聴くのも最高です。
ただ発熱しないことを祈るばかりです。2年はもってほしいです。お古はチキチキに渡すつもりです。
ブログの画像では一番右がそうです。ガラケー時代からすると、9代目です。例によって並べてみます。
技術の進歩を感じます。
P1010303.jpg
15年前に使った機器との比較です。すごい差です。これでネットを観ていたのです。白黒画面です。
P1010304.jpg
こちらは5年前位に使ったスマホです。僕としては初めてのスマホでした。
僕としてはスマホは6インチが良いです。胸ポケットに入りますから。AQUOSPADは7インチでしたが、ポケットに入らないので、7インチはだめです。
P1010305.jpg
クラウドも使いまくり、これ1台でいろいろできます。
P1010306.jpg
これ裏面です。鏡のように光っています。
生体認証システムがついていて、指の指紋で起動するので、安心で便利です。


伏見の歴史 秀吉の見た伏見の景観

Posted by kazunhana on 23.2015 伏見学 0 comments 0 trackback

久々に伏見連続講座にやってきます。伏見区役所の会議室がギュウギュウです。
もう少し遅いと、立ち見でした。年を取ると歴史好きになるというのを実感します。今さら、数学、物理でもないというところでしょうか。
今日は秀吉の見た伏見の景観として、指月城、伏見城、宇治川、淀城、向島城などの歴史的解説を聴きます。講師は京都文教大学の小林先生です。
伏見の桃山は、今でも大名屋敷に起源を持つ町名がたくさん残っています。だから、桃山を歩いていると、その時代のことに思いが馳せます。地元の人に歴史ファンが多いい理由かもしれません。
今回、豊公伏見城ノ図を貰いました。これは役に立ちます。大名屋敷の位置が良く分かります。

銀星Z団

Posted by kazunhana on 23.2015 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback

1955年に月刊おもしろブックに連載されました。
昔、怪獣王子に夢中になりましたが、こどもの冒険というのは、自分に置き換えてワクワクするものです。
宇宙で大活躍、夢の中で観れないものでしょうか。仕事の夢はごめんですね。

海底王国

Posted by kazunhana on 23.2015 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback

空想科学冒険絵巻の小松崎茂シリーズです。
集英社のおもしろブックに1953年から54年にかけて連載されたものです。
1963年、東宝から海底軍艦という映画がありますが、そのモデルとなったと言われています。
映画では謎のムウ帝国でしたが、深海は宇宙と同様、未知の世界として神秘の世界です。
海底2万マイルも今読んでも楽しい作品です。自分の部屋をネモ船長室に改造したいぐらいです。

宇宙少年隊

Posted by kazunhana on 23.2015 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback

この復刻盤シリーズは、一乗寺の恵文社で見つけて買いました。
小松崎茂シリーズ復刻盤です。1957年に雑誌少年に連載されたものです。
本誌は初の本格アメコミ様式で描かれています。
怪人スターマンが登場します。当時ならではのネーミングですね。60年前です。
禁断の惑星のロビーをモデルにしたようなロボットも出てきます。こどものころ出会いたい作品です。

大暗黒星

Posted by kazunhana on 22.2015 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback

空想科学冒険絵巻 小松崎茂 絵物語として、復刻されたものです。
東宝SF特撮スペクタル映画のルーツとあります。
大暗黒星は1955年から56年に月刊少年に連載されたもので、舞台も1960年です。
海野十三の作品を思い出しますが、当時の少年たちは夢中になったものと思います。
本誌は完全な小説ではなく、小松崎氏の絵が物語に臨場感を与えます。劇画と小説の組み合わせというところです。
今から60年前の作品です。当時、こどもとして読みたかったですね。
ストーリーは少年が宇宙の遊星人と戦うというものですが、60年代のSF特撮に影響を与えているのかもしれません。

秋の古本まつり 知恩寺

Posted by kazunhana on 03.2015 お出かけ 0 comments 0 trackback

毎年来ている秋の古本まつりですが、今年はもういいかなと思っていましたが、チキチキにつられて来ました。天気は良いという予報でしたが、雨が降りそうな空です。
まつりも最終日なので、面白いやつはない感じです。

楽しみはここに出ているコーヒーです。プレミアムコーヒーを頼みます。豆はバリ島のものかと。

雰囲気も良いし、おいしいです。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
268位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム