FC2ブログ
Loading…
 

ニトリ リクライニングチェアー

Posted by kazunhana on 30.2016 家具 0 comments 0 trackback

リビング用にゆっくりできるリクライニングチェアーがほしいと思っていましたので、ニトリのチェアーを買うことにしました。

最近、出たフットレスト付きのものです。これだと楽チンです。
フットレストは出し入れできます。

パソコン用のゲームチェアーにも体を真っ直ぐにできるものもありますが、ここはお値段以上のニトリにしました。

八幡市民総合体育大会

Posted by kazunhana on 29.2016 お出かけ 0 comments 0 trackback

日曜ですが、早朝から仕事で八幡市民総合体育大会開会式に来ます。市をあげての一大イベントですね。
入場行進だけで、30分もありました。

ザ・グレンリベット

Posted by kazunhana on 28.2016 お酒 0 comments 0 trackback

ザ・グレンリベット。ついに買いました。スコットランドのハイランド地方にあるスペイサイド、ここは蒸溜所が集中しているところです。
このグレンリベットは政府公認の第1号蒸溜所。トロピカルフルーツや花の香りがグラスに拡がります。おいしい。
これはストレートに限ります。シングルモルトの代名詞ともかく言えるウィスキーです。

象印 圧力IH炊飯ジャー極め炊き

Posted by kazunhana on 23.2016 家電製品 0 comments 0 trackback

結婚以来、20年以上使っていた炊飯ジャーが壊れそうになってきました。
それで、チキチキが何日もカタログを見倒して、象印の極め炊きにしたようです。
しかも、ネットで安いタイミングを計り、購入します。恐ろしい奴です。





大火力を釜全体に伝えるとあります。
これは相当おいしくできそうです。
好みの炊き方もできるようです。

これが20年以上頑張ったタイガーの炊飯ジャーです。ありがとう。捨てずに保管します。

バラのポプリ

Posted by kazunhana on 22.2016 生活 0 comments 0 trackback

バラの花びらがたくさん落ちるので、チキチキがポプリを作ると言います。畳の上に容赦なく広げていきます。新聞の上で1週間、袋に入れて3週間熟成と言いますが、どのくらいの量ができるのでしょうか。



こんな感じで6袋できるようです。

水防訓練

Posted by kazunhana on 22.2016 生活 0 comments 0 trackback

日曜日、早朝から木津川河川敷で京田辺市水防訓練です。
僕も防災服を着て、参加します。僕はテントで見ているだけですが、消防団員、消防署員さんや自治防災の方々は、炎天下、土嚢積みをされます。




これは鉄板を挟み、間に土嚢を入れます。水位が高いときなど、この工法を用いるようです。天井川の多い地域では、重要な工法です。30分位で完成をされます。

図書室で

Posted by kazunhana on 21.2016 生活 0 comments 0 trackback

なかなか、図書室でゆっくりできないのでが、残念です。
江戸川乱歩邸の土蔵みたいで、いい感じなので、ここに混もって思う存分読書できる日が待ち遠しいです。

ニュートン

Posted by kazunhana on 21.2016 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback

こちらは科学雑誌ニュートンのプレ創刊号です。だから0号となってます。
これは非売品なので、価値はあると思ってます。
1981年に創刊されるのを僕は新聞広告で見て、申込しました。当時、書店では売ってなくて、販売員さんが家まで届けてくれました。教育雑誌ならではです。僕はもともと、物を大事にしない子供だったのですが、強く反省して、大人になってからは保存するようになりました。
さて、ニュートンは教育社の会員にならないと入手できなかったのですが、当時、800円でした。隅から隅まで熱心に読んだものでした。今は書店で1200円だったかです。創刊から20年ぐらいずっと買ってました。なので図書室に山積みです。

こちらが翌月に出た創刊号です。
この後、日本では科学雑誌ブームがきました。コスモス、クオークなども購読してました。そんな中で、よく今日まで続いたと思います。ビジュアルで、万人にも分かりやすいところが、理由だと思います。バックナンバーを読んでると、科学の進歩と当時を思い出して、いいものです。

冨田 勲の想い出

Posted by kazunhana on 08.2016 音楽 0 comments 0 trackback
冨田勲氏がお亡くなりになりました。僕がシンセサイザーに夢中になったとき、この人の作品を良く聞きました。
モーグシンセサイザーを日本で最初に導入した人で、当時、税関で楽器と思われずに、長期間調べられたとか。
作曲家としても有名で、ジャングル大帝、リボンの騎士、宇宙人ピピとか、耳に残っています。

ホルストの惑星は世界的にヒットしました。これは衝撃でした。

ドビュッシーの月の光も最高です。
後は、展覧会の絵。この辺りまで、冨田氏はキーボード演奏によって4トラックテープに多重録音していましたが、その後はシーケンサーで演奏していたと思います。10代の頃、テレビで冨田氏の特集で見ました。今でも覚えています。冨田氏のシンセサイザーに囲まれた部屋に憧れたものです。

傷の手当と地獄谷

Posted by kazunhana on 07.2016 生活 0 comments 0 trackback
竹が増えないようにと、斜面で竹の子を折ったのですが、1週間経つと、また出てきます。細い竹の子は折らないのですが、大きなものは、ほっておくと恐ろしい太さになります。孟宗竹なので、大きくなってから切ると、下の家にあたってしまうし、片付けるのが大変です。それで、またわが家の地獄谷に降りたのですが、つい、うっかり枯れた竹株に体を預けてしまい、谷を滑ってしまい、左手を竹株に強打してしまいました。痛いは血が出るわで、息も絶え絶え這い上がってきました。ガーゼがないので、ティッシュをあてていたのですが、Googleで傷が早く治る方法と検索すると、何とビックリしたものです。傷は消毒してはいけないとあります。子どもの頃はオキシドールでジワジワとやりまくってましたが、どうやら、治癒に必要な成分まで殺菌してしまうらしいです。また傷口を乾かしてたのですが、乾かすとかさぶたになり、とれたりして治りが悪いとか。
どうするかというと、傷口を水洗いしてサランラップを巻くらしいです。

ざっくりいっているので、サランラップを巻いてみます。

その上に、シップをとめるシールを巻きます。これで自然の治癒力が出て、早く治るのでしょうか。
毎日、2回ラップを替えます。

薬局でこれを見つけたので、買います。モイスチャー、要は傷口を乾かさないで治すということでしょうか。

ところで、地獄谷と命名したのは、他にもあって、スズメバチが頭の辺りにブーンと来たのです。斜面で逃げ場がなく、死ぬかと思いました。今年は三回地獄谷に降りていますが、三回とも出くわしました。三回めは今まで見たこともない巨大なスズメバチでした。色も赤く女王バチが巣を作ろうとしているのでしょうか。とにかく心臓が止まりそうでしたが、警告音だけで助かりました。来年からは通販で買った4メートルぐらいに伸びるノコギリで上からギコギコやります。枯れ木ではムカデの群れにも出くわすし、まさに地獄谷です。ヘビは1度だけしか見たことはありません。ヘビはまったく気になりませんが、子どもの頃は実家でそこそこマムシと出くわしましたね。害があるので、必ずやっつけてました。

爽やかな朝

Posted by kazunhana on 05.2016 生活 0 comments 0 trackback

朝、ゆっくりできるのが、休みの醍醐味です。起きてみると、ダイニングの床に竹の影が映ってユラリユラリしてます。



新緑が目にしみます。
こんな季節がずっと続けば良いのに。
風も爽やかです。

玄関前にもLED

Posted by kazunhana on 04.2016 家電製品 0 comments 0 trackback

玄関ドア前に照明があるのですが、ハロゲンランプです。E11口金サイズで小さいのですが、60ワットぐらいあるので、一晩中つけるにはもったいないです。

E11口金のLEDが販売されているので、これを取り付けることにしました。

これだと5ワットなので、長時間でもOKです。

ガラスケースのみをつけておきます。黒カバーがあるのですが、それだと暗いのでつけないでおきます。電球色にすれば良かったと後悔してます。LEDなので交換するのは20年後でしょうか。

つるバラその後

Posted by kazunhana on 04.2016 動植物 0 comments 0 trackback

咲いてきました。
綺麗です。



アイスバーグも咲き始めました。

バラを鑑賞するチキチキ。




バルコニーのペンキ塗り

Posted by kazunhana on 04.2016 家のこと 0 comments 0 trackback

3階のバルコニーの塗装が剥がれているところがあって、防水上、気になるところです。
それで、水性ペンキを塗ることにします。

水性ペンキは匂いもしないので、楽チンです。バルコニーでのこういう作業はこの時期しかありません。夏はおそろしい暑さ、冬は寒さできついです。

何とか全部塗りました。完成です。これで雨も大丈夫です。

タオル用棚の設置

Posted by kazunhana on 03.2016 家のこと 0 comments 0 trackback

コーナンで板を買ってきます。
サイズを計り、ギコギコ。

こんな感じで、棚を三段追加します。
狭いので、ネジを留めるのに苦戦しますが、できました。

チキチキが良く使うタオル入れにピッタリです。

バラ用ワゴン

Posted by kazunhana on 03.2016 生活 0 comments 0 trackback

玄関前がごちゃごちゃしてきましたので、ワゴンで整理します。

こんな感じでできました。もう少し大きい方が良かったかもしれません。スッキリしたので、このままにします。

連休半ば

Posted by kazunhana on 03.2016 家のこと 0 comments 0 trackback

休みはやめられないですね。
朝、ゆっくりできるのが、ありがたいです。ただ、やることがたくさんあるので、和室でゆっくりしたいのですが、だめです。

ブロンコ・ビリー

Posted by kazunhana on 01.2016 飲食 0 comments 0 trackback

ブロンコ・ビリーの伏見桃山店がオープンして大分たちますが、来ることがありませんでした。休みも続くので、やって来ました。一番好きです美味しそうなオーシャンビーフを頼みます。200グラムです。

少年小説体系

Posted by kazunhana on 01.2016 20世紀少年必読本 0 comments 0 trackback

ありました。掘り出し物。
昔のジュブナイル、少年向け冒険、探偵小説です。本当は単行本で欲しいのですが、集まらないし、高価です。
そこに、全集ものがありました。定価は一冊8,800円ぐらいですが、なんと、2,200円です。
全部はいいかと悩んでいたら、横から白髪のジーさんが、ちょっとごめんと一冊持って行くではありませんか。あー、何を持って行ったのか分からない。しまったと思いつつ、残りをカゴにドサッと入れました。本は25年くらい前に出版されたものですが、紙は新品並みにきれいです。

これが全集の一覧です。
今回は、野村胡堂、南洋一郎、山中峯太郎あたりが手に入りました。仕事を辞めたら、じっくりと読むことにします。
今年から、乱歩の著作権が切れて、電子ブックでも無料で読めるようになりました。没後50年経つと切れるので、海野十三もKindleで読んだりしますが、やはり本を収集したいと言うところです。


ところで、会場を一周して、戻って来ると、新しく補充されているではありませんか。しかも、また、別の白髪のジーさんがまとめ買いをしようとしています。海野十三もあります。何てこった。これはいいとか、粘って動きません。やられました。この人たち、子どもの頃、全部は読むことは出来ず、ジーさんになって大人買いをしようと言うことかと。ジーさんホンマに読むんかと思いつつ、くやしいです。くやしいので、写真に撮りました。ジーさん、ドサッと積み上げているでしょう。
Amazonで見ると、一冊8,800円したりしてます。

春の古書大即売会

Posted by kazunhana on 01.2016 お出かけ 0 comments 0 trackback

毎年、楽しみのみやこメッセでの古本市にやって来ます。

初日のしかも、開館前に来るのは初めてです。驚いたことに200人ぐらいの行列ができてます。皆なんか掘り出し物を探そうとしているのか、ピリピリした雰囲気もあります。そう言えば、チキチキは13年前に京都新聞の取材のカメラに1人写り、夕刊の表紙にカラーで大きく載ったことを思い出します。職場で夕刊を見て、ビックリしたものです。

どやどやと雪崩れ込みます。

掘り出し物はあるのでしょうか。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
790位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
101位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム