FC2ブログ
Loading…
 

ケネディクラブ

Posted by kazunhana on 30.2016 飲食 0 comments 0 trackback

木屋町御池を下がった京都エンパイヤビルの2階にあるレストランバーです。
入口の写真も撮れば良かったのですが、忘れてしまいました。

料理もおいしく、ウィスキーをロックでたくさん飲みました。
久々にバーボンを選択しました。
また来たいお店です。店の方も親切に話しかけてくれます。

アメリカンハンバーガー

Posted by kazunhana on 26.2016 未分類 0 comments 0 trackback

大手筋商店街から少し南に行ったところに、アメリカンハンバーガーの店がありますのでハンバーガーを買うことにします。

テーブルとカウンターがあります。
ここは、英会話スクールをされていて、常連さんが食べにやってくる感じです。

バーガーの大にします。
というか、普通のパンもうなくなったとのこと。

これ相当でかいです。
ビックマックよりはでかいです。

1個900円ですが、肉がびっくりするくらいおいしいです。
本場、アメリカンバーガーということですが、本当においしいです。

こちらはフランスパンにはさんだものです。
これも美味しいです。

伏見水辺散策

Posted by kazunhana on 26.2016 伏見の名所 0 comments 0 trackback

大手筋商店街を抜け、西に向かうと琵琶湖疎水の濠川にかかる橋に出ます。
ここを渡ったあたりが、坂本龍馬が寺田屋襲撃から逃げ隠れた材木屋があったあたりです。
そこの橋から疎水沿いに降りると遊歩道があります。


ここは、南に向かいます。
おおっ、でるわ、でるわ、コイキング。  ゲット、ゲット。
やっぱり、水辺で出るというのは本当のようです。


川にかかった歩道橋から北を望みます。

宇治川派流の水辺です。
人も少なく、のんびりとします。

ここは伏見みなと公園。
昔は巨椋池があって、このあたりは港の風情があったようです。
昔は寺田屋浜という言い方だったのでしょうか。
ここから、船で、大阪や琵琶湖につながっていたようです。
たくさんの荷物、人が行きかった物流・交通の要所でした。



おおっ、ニャンコ先生ではありませんか。
どうしました、天気が良いので、日向ぼっこですか。

しっかりしてください。
大丈夫ですか。

眠いニャー。
そうですか、では、私は忙しいので、先にいきます。先生もお元気で。

龍馬とお龍さんの像があります。
ここ、寺田屋浜から船にのって、日本人初の新婚旅行に旅たったといわれています。
ここから、九州まで旅行したようです。

タクシーの向こうに寺田屋が望めます。


これは、大きさからすると、三十石船のようです。
以前、1度乗りました。三栖閘門まで行きます。

寺田屋さんです。
人気があります。

竜馬商店街です。
竜馬、龍馬。こちらの商店街は竜馬。
もっと、たくさん、お客さん来てください。

山陰近畿自動車道 京丹後大宮ICが開通

Posted by kazunhana on 23.2016 お出かけ 0 comments 0 trackback

実家に帰るには、京都縦貫自動車道を最後までのるのですが、10月30日に、ようやく大宮町まで伸びました。
これで大分ショートカットと信号パスができます。
楽になりました。ここから自宅の近くの伏見下三栖の交差点まで、なんとノンストップです。
次は峰山まで早く伸ばしてください。

宇治田原町防災訓練

Posted by kazunhana on 20.2016 お出かけ 0 comments 0 trackback

日曜日ですが、早朝、宇治田原町までやってきます。
宇治田原町の総合防災訓練を視察にきました。
まだガランとしていますが、この後、住民が地区単位で避難されてきて一杯になります。


消火活動や消防ヘリでの救助訓練など、大地震に備えて、いろいろなことを訓練、点検されます。
防災意識の高い町です。

淀城跡地(淀城跡公園)

Posted by kazunhana on 05.2016 伏見の名所 0 comments 0 trackback

ひらパーの帰りに、淀で途中下車します。
城チキの、もとい、城キチのチキチキが淀城跡を見ると言います。
石垣の左に見えている高架は京阪電車ですが、以前、古い淀駅舎がこのあたりにありました。
競馬ファンはよくお世話になった駅です。
今は北側に最新のきれいな駅になっています。赤鉛筆を耳にかけていると、違和感が出るくらいです。




「淀城之故址」、「淀小橋旧趾」、「唐人雁木旧趾」の石碑があります。
隣には藩主、稲葉氏を祀る稲葉神社があります。

幕末に城がなくなってから、石垣のみが残っています。
天守台があったところです。





近いうちに、当時あった巨大水車を再建する計画があるようです。
整備されると、もっと城、歴史ファンが来ると思います。













淀城は秀吉の側室、淀殿の名前となった城で有名で、ここに、淀殿がいたのかと思っていると、城にうるさい、もとい、くわしいチキチキが、ここにはいなかったよ。いたのはここから北に1キロほどと言います。
そういえば、伏見学講座で聴きましたね。
ここは秀忠の時代に造られたようです。
ということで、淀古城と呼ばれた、淀殿が暮らした場所に行きます。
妙教寺という寺の境内に石碑があります。

ドラゴンクエストミュージアム

Posted by kazunhana on 05.2016 お出かけ 0 comments 0 trackback

ひらパー内のイベントホールでドラゴンクエストミュージアムが1月9日まで開催されています。



広場にキングスライムがいるではありませんか。
スライムが合体するとキングスライムになるのです。巨大で、強いのです。
懐かしいです。
ドラゴンクエストが始まって30年です。
僕はドラクエⅠが発売されてすぐ買いました。ファミコン時代です。まだドラクエが注目を浴びていませんでした。鳥山明氏のパッケージが面白そうで、きっと面白いに違いないと思い買いました。でも最初、ロールプレイングのやり方がよく分からなくて、勇者がすぐ死んでしまうし、しばらく放っておいたのです。
ドラクエはⅢから、発売時に行列ができて、ニュースにもなったかと記憶しています。
僕はⅠからⅦまでは全部やりました。
Ⅰは一人旅で、今から思うと孤独な戦いという感じでした。大地をさまようあの頃が曲、効果音とともに蘇ります。
最後にⅦをやったのが2000年ですから、あれから16年が経ちます。
Ⅷも買ったのですが、未開封のままやっていないのです。これが2004年ですから12年、ドラクエもファイナルファンタジーもやっていないのです。
退職したら、グリンツーリスモやたまっているゲームをやりまくるぞと思う日々です。
ゲームも相当、進化していて、今やバーチャルなところまで来ています。ドラクエⅠのころの8ビット、ピコピコが懐かしいです。
今でも呪文は覚えています。ベホイミ、ルーラ。
戦い破れ不覚にも死んでしまうと、王の前に横たわり、王から、おお 「主人公名」、 しんでしまうとはなにごとだ!とお𠮟りを受け、生き返らせてもらいます。これを何十回繰り返したことか・・・。

ドラクエ30年の歴史が再現されています。
一部しか写真が許可されていないので、残念です。
図録を買うことにします。



こちらは、ドラクエシリーズの名場面ドラクエⅣ、Ⅴ、Ⅵの天空三部作がフィギュア、ジオラマで再現されています。
ちなみに、ⅠからⅢがロト伝説3部作となっています。なんか、スターウォーズみたいに発表と時間軸が違って混乱します。
Ⅲが最初で、数百年後がⅠなのです。Ⅲの方がゲームが進化していて、Ⅲからやると違和感があると思います。スターウォーズも時間通りに観ると、映画の特撮技術が逆転しているので、違和感があると思います。あっ、一緒だと気づきました。
ドラクエは映画の世界でいうと、ロード・オブ・ザ・リングの世界観だと思います。
騎士、魔法使い、賢者、魔物の数々。、ロード・オブ・ザ・リングはウィザードリーに近いかな。










ドラクエでよく言われるのが、なぜ、他人の家にづかづか入って行って、かってに箪笥とか開けて、ツボを割って、コインや宝物を探して、入手するのかと言うことです。
泥棒そのものなのですが、違和感なく、容赦なく自分のものにしていくのです。
勇者なら、何をやっても許されるのかと思いつつ、他人の家に押し入り、ツボというツボは割りまくり、タンスを開けて、何かないかを探しまくります。大事なものが隠されていたりします。

出口手前で、飲食とショップがあります。
キャラクターを模したおにぎりやら、パンやらが売られています。
最後は、謎を解いて、プレゼントをもらい、図録、冒険の書などを買って終了です。

大人のひらパー

Posted by kazunhana on 05.2016 お出かけ 0 comments 0 trackback

久々の好天気です。
チキチキがひらパーのバラ園に行こうといいます。
この秋、土日も仕事があったりして、中々こういう機会もないので行くことにします。
今、ひらパーでは、ドラゴンクエストのミュージアムも開催されているので、期間中には行きたいと思ってたところです。
枚方公園の駅の改札に券を通すと、、ドラゴンクエストの戦いに勝ったときの効果音が流れるではありませんか。さすがです。


ひらパーに来るのは、なんと小学生の時以来です。
京都からも近いので、いつでも行けると思っていると時は経つものです。
子どものころは、菊人形で母親に連れて来られました。3回は来たように思います。

今さら、子ども向けの乗り物には乗れませんので、まずはバラ園です。
春にはもっと咲いているのでしょうけど、秋もそこそこ咲いています。
家にもこんなつるバラのスポットがほしいものです。





全体的にはこんな感じでバラ園があります。夜はイルミネーションが綺麗なようです。









車でホットドックが売られています。
昼は、レストランとかに入らずに、これをバラ園で食べることにします。

雰囲気があって、良いです。
弁当持参の方も多いです。

ワンボックスカーの中で、ホットドックとコーヒーを手際よく作られます。

とても美味しいです。




観覧車で周辺を眺めます。
木製のジェットコースターが見えます。
危ないので、運行していないのかと思ったら、なんと運行しています。
わざと壊れそうに見せているのかもしれません。

「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」展

Posted by kazunhana on 03.2016 京都文化 0 comments 0 trackback

京都市美術館に「生誕300年 若冲の京都 KYOTO」展にきます。
京都錦小路に1716年に生まれたということで、300年になるようです。
せっかくの機会なので、観ようと思います。
改めて伊藤若冲の鶏の描写について堪能しました。
若冲は鳥、犬、その他動物を描いていますが、猫は一切ないようです。それは、小鳥などを襲うからだという説がありますが、そんな気がします。それだけ鳥を追求したのかと思います。でも虎は登場します。日本にはいないから良いのかな。

そのあと、ロームシアターの横にある公園に行くと、なんやら人だかりがあります。

東アジア文化都市のイベントの一環で食のブースが出ています。

日本、中国、韓国のブースがあります。
美味しそうなので、昼食はここですることにします。

中国の餃子、無茶苦茶美味しいです。
あと肉まん、韓国のバーベキューなどを頼みます。
麺類もたくさんあるのですが、そんなに食べられません。

蔦屋書店、おしゃれな本が多いです。



スタバが同居しています。
中は一杯なので、外席でドーナツを食べます。



びっくりです。日慰安神宮までいつの間にか、車道が封鎖されて歩行者専用の道になってます。
ニュースで見たような気がしますが、感動です。

車では通り抜けできなくなってます。
岡崎公園、ますます良くなっています。
  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2087位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
225位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム