FC2ブログ
Loading…
 

Posted by kazunhana on 29.2018 動植物 0 comments 0 trackback

昨年からすると、大きくなりました。実も昨年の三倍にはなった感じです。紅梅も葉は繁りましたが、実は付きません。

採るにはまだ早いと思いますが、ポロポロと落ちだすので、採ってしまいました。

上手くできるでしょうか。昨年は少量てをしたが、おいしくできました。

鳥羽水環境保全センター 鳥羽の藤

Posted by kazunhana on 28.2018 京都府内の名所 0 comments 0 trackback

京都駅まで戻り、八条口から臨時バスに乗ります。補助券をもらい100円です。

少しピークを過ぎている感はあります。



白はボリュームたっぷりです。



かなり高い木です。藤と同じマメ科ですが、名前が思い出せません。写真に撮っておけば良かったです。ネットで調べてもよく分かりません。

cafe tabi tabi

Posted by kazunhana on 28.2018 飲食 0 comments 0 trackback

聴竹居に続いて、鳥羽環境保全センターの藤を見に行こうと張り切りますが、チキチキがお腹が空いたと言います。山崎駅駅前のカフェタビタビに入ります。

駅前にあるので、賑わっています。



日替りの鰆フライにします。

チキチキはチキンです。

聴竹居 新緑を愛でる会2018

Posted by kazunhana on 28.2018 京都府内の名所 0 comments 0 trackback

チキチキが聴竹居が一般公開しているので行こうと言います。僕も山荘には何回も行きましたが、聴竹居は行ったことがなかったので出かけます。山崎駅に着きました。

線路の向かい側なので、東海道線の踏切を横切ります。なんせ東海道線なので、遮断機が頻繁に下りますので、さっさっと渡ります。

少し、上に歩くと着きます。



建物内は500円です。聴竹居倶楽部のガイドさんが10分毎に、10人単位で案内をしてます。僕らは30分後の12時10分からにします。

新緑が目に染みます。いつまでも見ていたいです。イロハモミジの古木。

一般公開では内部の撮影は不可でした。普段は事前予約で千円とか。ネット上では聴竹居の画像はたくさん出てます。
昭和初期に建てられた恐るべき環境共生住宅です。両陛下も訪問されてます。昨年、重文になりました。
耐震構造やスイス製冷蔵庫、窓の構造など、細かい造りです。一度、見学して下さい。建築関係者には有名です。



聴竹居の隣接地にある建物で、コーヒーを売られてました。聴竹居倶楽部に事務局長さんの所有とか。普段は貸室にされているようです。コーヒー飲みながら本を読んでも良いですよといれましたが遠慮しました。この二人は、阪急の駅前でお店をしているとのこと。

おいしいコーヒーをいただきますが、アジアのどこだったか聞いたのですが、思い出せません。

魚留

Posted by kazunhana on 24.2018 飲食 0 comments 0 trackback

宇治の魚留で、仕事場の飲み会です。京都市内に比べても遜色ない料理屋です。
お昼は予約で2ヶ月先まで一杯とか。有閑マダム、もとい、女子会で大人気のようです。会席コースも五千円から一万二千円とあります。


















とても美味しかったです。
次は一万二千円コースで、お肉も食べたいです。

日産ノート e-power

Posted by kazunhana on 22.2018 自動車 0 comments 0 trackback

日産ノートe-power を買いました。
これまで、スカイラインを13年、キューブを13年乗り継ぎました。モノには飽きやすい僕なのですが、車だけは何故か長く乗りました。2台とも僕の年代にも合っていて、スカイラインはマニュアルのFRで、よく飛ばしました。でも、キューブはチキチキにも乗れて、荷物もたくさん積めて、快適でした。でも、車検が毎年となり、疲労もきていると言うことで、新車にすることにしました。電気自動車のリーフが良いのですが、まだ航続距離が不安です。充電場所も気にするのも大変です。そこで、電気自動車だけど、ガソリンエンジンで発電しながら走るノートe-power にすることにしました。ワンボックスも考えましたが、ほとんど買い物しか使わないので、無駄に大きい車はやめました。

燃費はトヨタのアクアと同じくらいのようですが、電気モーターのみで走るノートが面白いと思います。時々、リチウムイオンバッテリーの電気容量が減ると、発電用にエンジンが回ります。アクセルを離すと、回生エネルギーで発電しつつ、ブレーキを踏まなくても、ピタッと停止します。癖になるほど楽しいです。

自宅ガレージに収まりました。

右側が電気モーター、左が発電用エンジン。リチウムイオン電池を大きくすれば、リーフに近づきますが、電池は前席の下にあるので、室内空間を犠牲にするかどうかです。

仕事でプリウスは運転したことがありますが、レバーは同じだったかと思います。
リーフは全く同じだと思います。

後どれくらい走れるのかデジタル表示されます。ガソリン満タンで約800キロ走れます。またいろんなアベレージも表示されるので、楽しいです。ルームミラーにカメラ画像を映して見ることが出きるので、見やすいです。クルージング機能など、相当、未来的になってきています。次、車を代えるときは、自動運転になっているのでしょう。

天ヶ瀬ダム

Posted by kazunhana on 19.2018 お茶の京都 0 comments 0 trackback

天ヶ瀬ダムの視察にきます。
天気も良く気持ちが良いです。

ダム湖です。この場所に立つのは、小学校の修学旅行で立ち寄って以来です。なつかしや。

下流には、今は使われていない煉瓦造りの発電所が見えます。

キャットウォークを下りていきます。高さには弱い人はきついです。

結構、きつい角度です。



放流は迫力があります。



登りも急で足にきます。

目利きの銀次でお昼

Posted by kazunhana on 12.2018 飲食 0 comments 0 trackback

京田辺に会議で行ったお昼です。
孤独のグルメです。
駅前の目利きの銀次に入ります。

魚が美味しそうなので、刺身定食にします。夜は賑わうお店ですが、昼はゆっくりできます。

背割堤のさくら

Posted by kazunhana on 01.2018 お茶の京都 0 comments 0 trackback

八幡にある背割堤のさくらを見にやって来ます。まずは、さくらであい館のタワーに登ります。普段は無料なのですが、さくらまつりの間は300円です。
桜のトンネルが1.4キロありますが、歩くことにします。

人が多くて、繁華街を歩いているみたいです。

昨年も4月1日に来ましたが、昨年は二分咲きにもいってなかったと思います。

大道芸で楽しげです。人出は津山城よりは多いです。京都、大阪、大都市から近いからでしょう。





道路も枚方からと八幡方面が大渋滞でした。橋の上も蟻の行列になっているでしょう。


  

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1654位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
185位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム