FC2ブログ
Loading…
 

花子とアン

Posted by kazunhana on 05.2014 その他所蔵本 2 comments 0 trackback

花子とアンが終わりました。
ほとんど全部みました。
修和女学校での話が面白かったですね。
実話とフィクションが混在しているのですが、それが徐々に分かってきて、それも楽しみでした。
てっ、こぴっと、パルピテーション、ごきげんよう、覚えましたね。
恐るべし白蓮と伝助、特に伝助は良い味だしてました。

ところで、僕はまだ赤毛のアンを読んでいません。チキチキが何冊か持っていますが、読んだことありません。アニメの名作劇場もみていません。女の子は大抵子供の頃、読むのでしょうか。男がトム・ソーヤを読むのと同じかもしれません。
村岡花子は題名を窓辺に佇む少女かなんかにしようとしていたけど、娘が、赤毛のアンというシンプルな方が絶対良いと言い張って変わりました。
翻訳、単に訳すことではなく、文化の違いを越えて読む人に伝える文学的な才能が必要と言うことを示した花子さん、素晴らしい。
他の訳書も読んでみたくなりました。

kazunhanaさん

ご無沙汰しておりますe-434
私は中学1年生のときに村岡花子訳の「赤毛のアン」に出会いまして、
全9冊とその他モンゴメリ作・花子さん訳の本をほとんど読み尽くしました。

花子さんの訳は少し古典的で、「腹心の友」や「崇拝者」などという
言葉を覚えさせてもらいましたe-446

どの作品も、小さな勇気と希望をもって、自分自身の力で進むことや
日々の生活の中にちょっとした幸せをみつけることの大切さを教えてくれました。

花子さんの人生は、今回の朝ドラで初めて知り、驚きました。
あの突拍子もないお父さんのおかげで、私たちは「赤毛のアン」に
出会えたんですね~v-16e-263


2014.10.14 23:16 | URL | ぶぅ #JyN/eAqk [edit]
ぶぅさん、お久しぶり。
女の子はやっぱりアンを読むのですね。
僕はあらすじしか知りません。
村岡花子が言葉の一つ一つにこだわった人と言うのはドラマでもよく分かりました。アンシリーズをいつか読んでみたくなりました。
2014.10.15 08:39 | URL | #VmAcUXig [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kazunhana.blog51.fc2.com/tb.php/1080-9d5e2bf7

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1830位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
198位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム