FC2ブログ
Loading…
 

国立故宮博物院

Posted by kazunhana on 31.2016 歴史 0 comments 0 trackback

ホテルに荷物を置いて、午後から台北市の北エリアにある故宮博物院に行きます。
まず、地下鉄MRTを利用します。
トークンとも言われるコインを入手します。日本の磁気切符と同じです。
市内であれば、20元、およそ65円ほどか。安い。
これを改札機にタッチして入り、出るときはコイン入れに入れると、ゲートが開きます。

地下鉄も安全に、表示もサインで分かりやすくなっています。
日本よりよっぽど、よく考えられています。

士林駅で降りて、公共バスで博物院に向かいます。
バス停では、バスの番号はわかりますが、料金が書かれていません。
スマホで調べると、15元、50円弱、安い。
ところで、台湾でもスマホでネットにつながるように、ドコモのoneデイパケホーダイに関空のカウンターで入りました。24時間で980円です。Wi-Fiのないところでも、つながりますので、仕事のメールのやり取りもできるし、Googleマップで迷うことも皆無です。
店や住所を入力すると、Googleマップで表示されます。
10年以上前の海外旅行では経験できなかった便利さです。NICTのVoiceTraという翻訳アプリとともに、海外旅行が恐るべき楽々チンになりました。

ということで、バスに乗り向かいます。Googleナビでどこを走っているのかも分かるのです。

着きました。故宮博物院です。
ただ、残念なのは、代表的な翠玉白菜と肉形石が他所での展示でないのです。見られません。残念。
みんな、白菜、白菜と言いますが、キーホルダーになったり、故宮一押しの逸品です。

庭園もあるのですが、時間がありません。
僕は博物院はさっと見て、淡水まで足を伸ばしたいと思いましたが、チキチキはじっくりと見るということで、淡水は次回にしたいと思います。

世界4大博物館に数えられます。
これらの中国の宝は、蒋介石が紫禁城から持ち出し、日本軍や共産軍との戦乱から守るために、南京を経て、台湾に退避させたものと言われています。
8年ほど前、僕が北京に旅行で行ったとき、ガイドさんが「台湾の人に、紫禁城にあった財宝を返してくださいと言ってくださいよぅ。」と冗談半分に言われたことを思い出します。中国の人はそう思っていると思いますが、一方、退避がなければ爆弾で破壊されたり、盗難にあったかもしれません。今、こうやって見ることができるのもそのお陰とみんな思っているのではないでしょうか。しかし、紫禁城にあった4分の1しか、持ち出すことができなかったようです。

当然ながら、展示品の撮影は不可なので、ないです。
ペットボトルの持ち込みもダメでした。ゲートを通ると、ピーピーとなります。ペットボトルを預けるか捨てるかと迫られます。
預け、預けと言われるので、名前を書いて指定の場所に置いて再度、ゲートをくぐると、またピーピーと。係りの人も笑って行けと言います。体の水分が多いのでしょうか。

今日は水曜日、人も少ないです。
ただ、下勉強なしで来ると、展示品の意味がよく分かりません。ガイドがつくと、ストーりーで流れを説明しながら、回れるようです。
自動音声ガイド機の貸し出しもありますが、面倒なので借りませんでした。大英博物館の時も借りたのですが、うまく作動せず、面倒だった記憶がよみがえります。
結構、歩きました。今夜は士林夜市に行きますので、バスで戻ります。タクシーも安いのですが、ここは不便でもバスにこだわります。


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kazunhana.blog51.fc2.com/tb.php/1324-736f34c1

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
2398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
261位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム