Loading…
 

永谷宗円生家

Posted by kazunhana on 07.2017 お茶の京都 0 comments 0 trackback




青製煎茶製法を開発・普及させた永谷宗円や永谷家が暮らした屋敷の跡に、焙炉跡を保存するために建設された家屋です。宇治田原町にあります。
昭和35年に建築されたようです。
ここで、煎茶製法が生まれました。まさに生家は「日本緑茶発祥の地」と言えます。
このお茶の聖地には、茶宗明神社(ちゃそうみょうじんしゃ)があり、全国の茶業者が参拝に来るようです。



  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kazunhana.blog51.fc2.com/tb.php/1406-7529d952

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
156位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム