Loading…
 

茶香服全国大会 宇治田原

Posted by kazunhana on 04.2018 お茶の京都 0 comments 0 trackback

仕事で京都の留学生をバスで宇治田原まで連れてきました。
全国茶香服大会が開催され、国際色豊かにということもあり、留学生にも参加していただきました。
午前中は、まず、正寿院にやってきます。

日本人には人気の猪目窓(ハート形)はどんな風に映ったのでしょうか。

日本緑茶の元祖、煎茶の生みの親、永谷宗円の生家に来ます。

宇治田原町さんから茶そうめんとかしわをいただきます。

古老柿は、ほんとにお茶に会います。

禅定寺にも参拝します。

煎茶をいただきます。

昼食は、宇治田原町の魚定の弁当をいただきます。
地元の素材を使った品々です。

午後から、全国茶香服大会に参加します。
私も参加しましたが、あえて高い温度で玉露も出されるので、煎茶との違いも最初は分かりにくかったです。
宇治玉露、八代玉露、宇治煎茶、静岡煎茶、鹿児島煎茶を香織、色、味などで選んでいきますが、一気に飲み比べるのではなく、一杯ずつなので、変更がきかないのです。これは相当、経験がないと、全部あてるのは至難の業かと思います。プロの生産農家、茶師、茶商さんたちは分かるようです。


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kazunhana.blog51.fc2.com/tb.php/1510-4d4516c0

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
1834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
191位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム