FC2ブログ
Loading…
 

駿府城

Posted by kazunhana on 18.2018 0 comments 0 trackback

お腹が一杯になったところで、駿府城にやって来ます。まず、目に入るのは静岡県庁です。左が県庁本館、右の高いのが、県警本部乗り継いでようです。京都と違って、高層で眺めが良さそうです。

巽櫓が見えます。天守閣は江戸初期に早々と焼けて、再建はされていないようです。江戸城と同じです。

弥次喜多の像があります。ここに東海道が通っていたからでしょうか。

巽櫓の中は、展示室になっています。ジオラマがあります。白く光っているところが、天守台です。

こちらが、七層あった天守閣の模型です。実存したのは焼けるまでの27年間とか。昔は、直ぐに火事で焼けるか、地震で崩れるかしたようです。

当時の町の地図を熱心に見るチキチキ。

静岡の本山茶を献上したお茶壺道中です。
うーん、京都の人間としては、宇治茶が本家と思っているので、複雑です。
すぐ近くで、採れるならそうだとは思いますが、宇治からのお茶壺道中は将軍家への献上として、大名行列並の扱いだったとか。

庭園があります。

県警本部がよく見えます。ここの21階に展望ルームがあるとあったので、真っ先に行ったのですが、第三土曜日のみ、メンテで閉鎖していると貼り紙がありました。今日はついでにないです。せっかく来たのに、展望できないとは、はぁー残念。もう二度と来ることは、いや、登呂遺跡のついでにいつかは。

北門です。

おおっ、家康公の像です。テレビではよく見ます。



今、天守台の発掘調査をしているようです。もともと、今川氏のお城があったところで、家康も幼少期は、ここでひとじち生活を送っていたようです。
しかし、明治になって、天守台を潰してしまったようですが、残念です。今のように文化財になるとかの発想はなかったのでしょう。

なんと、富士山が見えます。ガイドさんに聞くと、夏場は見えないとか、久々に見えたそうです。良いこともありました。

もうひとつ、建物があって、坤櫓です。なんと、地震でなくなっていたのを、5年前に再建したようです。設計図も残っていて、忠実に再現したようです。釘も使われていません。

ということで、駿府城だけで3時間ぐらいかかりました。あとは駅でみやげを買うだけです。駅弁と。


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kazunhana.blog51.fc2.com/tb.php/1549-3c7d18f2

プロフィール

kazunhana

Author:kazunhana
最近メタボ解消、でも筋肉がつり気味はひどくなる年齢に。
少し収集癖のある、1960年代を愛する20世紀少年。
嫁さんは城・戦国マニアで、チキチキマシン猛レース!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
3766位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
397位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム